menu

相続の専門家を検索

成年後見人がついている人が亡くなった場合

sskさん 2016年3月25日 東京都

私の祖父は痴呆になっており、弁護士の先生に成年後見人になってもらっています。あまり考えたくなはいことなのですが、万一その祖父が亡くなった場合に、いくら成年後見人であっても、弁護士の先生が預金を引き出したりすることは不可能ということで間違いはないでしょうか?また、成年後見人がついている人が亡くなった場合、なにか特別な手続きは必要なのでしょうか?

回答日:2016年3月28日

回答者: 匿名 行政書士

①成年後見人(弁護士)がついている人(祖父)が亡くなった場合、成年後見人の仕事(事務)は終了します。
②成年後見人(弁護士)は本人(祖父)の住んでいる市区町村役場に死亡届を出し、成年後見人(弁護士)は2か月以内にその管理していたお金の計算をおこないます。「本人(祖父)の財産と負債を家庭裁判所に事務報告します。」
③最終的に、本人(祖父)の財産は法定相続人に引き渡されます。
④相続の手続きは法定相続人が行うことになります。
※基本的に一般の方が亡くなった時と同じ相続手続きとなります。
「専門職の成年後見人等(弁護士、司法書士、行政書士等)の場合には、引き続きその方に相続手続きの依頼する事が出来ます。」

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「成年後見人」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「成年後見人」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.