menu

相続の専門家を検索

知らないとこんなに相続税が増える! ~特殊な土地の評価~

本セミナーは開催日を過ぎています。

 平成27年より相続税が増税になり、相続税の納税義務者は1.5倍~2倍になると言われています。相続税の計算に当たって、最も重要なポイントの一つが「土地の評価」です。特に特殊な土地の評価については複数の正解があることや、個別通達に特別の評価方法が定められていることも珍しくなく、評価方法によって相続税の額が大きくことなります。その結果、資産家の中には知らないうちに数千万、場合によっては数億円単位の相続税を過払いしているケースも少なくありません。また税理士にとっては、顧客からの損害賠償請求の対象となることから、大きな経営リスクになります。
 今月は実際にあった、相続税の額に大きな影響を与える特殊な土地の評価事例について解説していきます。

講義内容
 
 1 事例紹介①~土地評価に複数の正解がある場合~
 2 事例紹介②~在産評価基本通達に別の定めがあった場合~
 3 税理士の損害賠償リスク~国税通則法の時効と、民法上の時効~

開催日 2015年7月14日
時間 開始時間: 15時00分
終了時間: 17時00分
都道府県 東京都
会場 場所:東京都中央区湊1-1-12 芝本産業会議室
   JR京葉線八丁堀駅B3出口より 徒歩3分
講師 (株)K’sプライベートコンサルティング 代表取締役
   金井公認会計士・税理士事務所 代表
   公認会計士・税理士・中小企業診断士
         金井 義家
備考 セミナー終了後、事務所見学会をします。

お問い合わせ先:株式会社K’sプライベートコンサルティング
        ✉info@ksp-consulting.co.jp

直近で開催されるセミナー情報

開催日 都道府県 セミナー名/登録者
2016年
12月10日
兵庫県 遺言・相続・任意後見、「気がかりな事」等の無料相談会のご案内
登録者:本村康人 

相続のセミナーを地域から探す

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.