香典の金額相場まとめ。香典袋の書き方、入れ方、渡し方のマナー

お葬式の際に必ずつきものなのが「香典」ですが、いざとなると「いくら包むべきなのか」「香典袋の書き方はどうするのか」「香典の入れ方は?渡し方は?」などとわからなくなることがよくあると思います。いざという時に慌てることのないよう、ここでは香典の相場やマナー等についてご紹介していきます。

そもそも香典とは何か

香典とは「故人の霊前に供える金銭」のことです。「香」という文字からもわかるように、かつては線香や抹香を備えていましたが、現代では何かと物入りになりがちな葬儀に際して相互扶助的な意味合いを込めて現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に入れて供えています。なお、香典を入れる袋を一般的には「香典袋」という呼び方をします。

香典はいくら包むべきか

香典について多くの人が悩むのは「いくら包むべきなのか」ということでしょう。

香典の金額は故人との関係性によって大きく変わってきます。例えば「近所の人」や「会社関係、学校関係の付き合いの人の親族の人」が亡くなった場合は3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です