結局いくらもらえる?相続割合のケース3選

このページでは、どのような相続人がいたらどのような相続割合になるのかについてお伝えしたいと思います。

相続割合は相続人が誰になるかによって異なる

相続順位がまず相続割合の基本となる

相続には3つの種類があります。

それは、子や孫などのいわゆる「直系卑属」が居る場合(第一順位の相続)、子・孫はおらず両親や祖父母などのいわゆる「直系尊属」が居る場合(第二順位の相続)、直系卑属も直系尊属もおらず兄弟姉妹が相続人になる場合(第三順位の相続)です。

これにより相続人が誰になるかが決まります

次に、配偶者の有無が相続割合を大きく左右する

配偶者、つまりは妻や夫が生存している場合には、第一順位の相続で1/2、第二順位の相続で2/3、第三順位の相続で3/4の相続分があります。どれくらいの割合で相続するかは誰が相続人になるかで大きく異なってくるといえるでしょう。

相続のケース別の相続割合について

ここでは残された財産が現金3

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です