不動産登記費用の相場をわかりやすく解説

土地・建物の相続をした場合のみならず、不動産の所有権が移転した場合には登記費用がかかります。このページでは、不動産登記費用の相場について、解説します。

不動産の登記にかかる費用の内訳

おおきな内訳としては、1.登録に必要な実費と2.司法書士に依頼をする場合の費用が挙げられます。

登録に必要な実費に関しては、自分で手続きする場合でも、司法書士に依頼をする場合でも変わらずに必要なものになります。

一方で司法書士に依頼する場合の費用は、司法書士事務所によって異なるので注意が必要です。

 

実費として必要な費用は?

実費として必要な費用として登録免許税というものがあります。これは、不動産の登記に代表されるようなものを利用する際にかかる税金です。

不動産の登記といってもさまざまな種類があります。ここでは代表的なものについて、その税率を見てみます。

所有権移転登記の原因 税率
売買 20/1

完全初心者向け、癒やしの絵画レッスン

「第2のヨガ」と呼ばれ、全米でも大人気のオンライン体験アートを楽しもう。
スマホやPCから簡単に参加、講師がライブ配信でステップごとに描き方を説明。
完全初心者・子供でも、1回2時間でお部屋のインテリアとして飾れるステキな絵が完成しちゃいます。
絵の具セットやキャンバスも通販で販売中。あなたも絵を描いて飾って、ストレス解消、癒やされませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です