贈与税とは?贈与税について解説

贈与税とは、個人から財産をもらったときに課される税金のことをいいます。このページでは、贈与税とはどういったものなのかについて詳しく解説したいと思います。

贈与税の存在する理由

贈与税が存在する理由は相続税と深く関わっています。

相続や遺贈があった場合で、基礎控除額を超える場合には相続税が発生します。

もし贈与税というものがなければ、この相続税を逃れるために生前に贈与をして財産を移すことも可能になってしまいます。

そうすると、相続をした場合には税金を払わなければならないのに、生前に贈与をしていたような場合とで不公平な結果がうまれてしまいます。

そこで、贈与税を設定することにより、相続で財産を受け渡すのと、生前に贈与で受け渡すのを同じにしようとしたのが存在の理由なのです。

贈与税の課税方法

贈与税には2種類の課税方法があります。

一つは通常の形態で「暦年課税」という方式で、もう一つは「相続時清算課税」という方式です。

暦年贈与

通常の贈与に関してはこの暦年贈与の対象となります。

毎年110万円までは贈与をしても税金がかかりません(この110万円までの枠のことを基礎控除と呼びます)。

110万円までなら贈与をしても税金がかからないので申告は不要です。

110万円を超えると、贈与する金額によって10%~最大55%までの税率で税金がかかります。

相続時清算課税

贈与の相手が、贈与者の孫等のいわゆる「推定相続人の直系卑属」と呼ばれる人たちで、その時の1月1日の時点で20歳以上の人の場合、贈与者が60歳以上であれば相続時清算課税という方式の課税方式を採ることができます。

この方式を選択すると2

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です