「相続」に関するアンケート調査、親の相続でもめると思っている人が3割!

オール相続では、「もし親の相続がおこったら、トラブルになると思いますか?」というアンケートを30代~70代の100人の男女に対して実施しました。

3割の子供が、親の相続でもめると思っている!


もし相続が発生したときに、もめると思った人は30%、もめないと思った人が70%という割合でした。
 

内訳 割合
もめないと思っている 70%
もめると思っている 30%

相続発生前から、3割の人たちが何らかのトラブルが起こるだろうと考えているようです。

もめないと思う理由は、財産が少ない、話し合いで決着できる

もめない、と回答した人のうち、その理由としては以下のようなものでした。
 

内訳 割合
話し合いで解決できるはず 35%
財産が少ない 35%
遺産は欲しくない 30%
遺言書がある、話し合い済み 22%
相続人は1人だけ 13%

寄せられた回答の例としては、

「兄弟姉妹、すごく仲がいいので大丈夫」
「財産がそんなにないので、揉めるまでもない」
「私が財産をもらおうとは一切思わない」

などでした。
遺言書がある、きちんと準備していると回答した人は22%だけでした。
 

もめると思う理由の多くは、家の跡継ぎが決まっていないから

一方で「もめると思う」と回答した人のうち、実家や財産の跡継ぎが決まっていないからという理由が57%、お金の話だともめそうという理由が43%でした。
 

項目 内訳
実家や財産の跡継ぎが決まっていないからもめる 57%
兄弟姉妹の仲が良くない or お金の話だからもめる 43%

寄せられた回答の例としては、

・家や土地を受け継いでも、そこに住む人がいない
・田舎の土地、畑や山などを相続するのが面倒なので、おしつけあいになりそう
・現金は分けられるが、土地や建物は評価が難しいし、話がつくか読めない
・兄弟は普段は良い人だが、お金にはがめついのでもめると思う
・親の介護をした人とそうでない人でもめそう

などでした。

【調査概要】
調査方法:インターネット
調査期間:2015年12月14日(月)~12月15日(火)
調査地域:全国
調査対象:30代~70代の男女
サンプル数:100人”

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です