遺産相続の税金対策、4つの手法まとめ

imasia_9291182_M
相続財産というのは先祖代々大事に受け継がれてきた土地や建物、故人が苦労して築き上げた財産です。
だれしも貴重な財産から無駄な税金を支払うことは避けたいものです。
この記事では、今からすぐに出来る相続税の節税対策として考えられるものを4つご紹介いたします。
  

ポイントは課税される財産を少なくすること

節税策は

  • 「生前贈与をする」
  • 「債務控除を利用する」
  • 「カネからモノへ形を変える」
  • 「相続人を増やす」

という4つがあります。

全てにおいて共通することは「相続税の課税対象となる財産を圧縮する」ということです。

1つずつ順番にお伝えします。

 

1.生前贈与

贈与税とは

「贈与」とは他人に対して無償でお金や物品を与えることであり、簡単に言えば「プレゼント」です。
贈与を受けた場合、つまり人から何かをもらった場合は原則として「贈与税」という税金が課税されます。
「もらったら税金を払わないといけない」という点では相続と同じです。
 

110万円までは贈与税がかからない

贈与税には贈与税が掛からない「基礎控除枠」というものがあり、これが年間110万円と決められています。
つまりもらった財産が年間110万円を超えなければ贈与税を納める必要はなく、110万円を超えた場合は超えた分にのみ贈与税が課税される、ということになります。

110万円と聞くと額が小さいと思うかもしれませんが、これはあくまでも年間で、ということなので例えば毎年約100万円前後の財産を10年間に渡って贈与をし続ければ約1000万円の財産を非課税で子などに移転をすることが出来るわけです。

もしも子が3人いるとしたら、1人年間約100万円を10年間贈与する場合は何と3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です