住宅と贈与についての贈与税のまとめ

相続税対策として住宅の贈与を検討している方、もしくはマイホームの購入やリフォームをきっかけに住宅の贈与を検討する方は贈与税についての確認は済んでいますか?
その贈与には贈与税がかかるのか、確認しておきましょう。
この記事では、誰から誰への贈与かにパターン分けして、住宅の贈与について解説いたします。
 

 

親から子への贈与

老後のことも考えて、お金は自分が出して、子ども世帯との二世帯住宅を建てよう。
と、お考えでしょうか?
住宅の購入代金は親である自分が子どもへ贈与して、子どもが住宅を買うこととします。
このケースでは、住宅取得等資金の贈与の非課税の特例がつかえます。
 

住宅取得等資金の贈与

この特例は親または祖父母から子または孫への住宅資金の贈与であれば、一定の金額まで贈与税がかからない特例です。

非課税となる金額はその住宅をいつ買ったか?、どんな住宅を買ったか?により変わってきます。

たとえば、2016年1月から2017年9月までに省エネ住宅を買った場合には、1

女性のプチ起業/副業におすすめ

アートのイベント「ペイントパーティー」を主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な大人気のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です