遺言執行のやり方まとめ

遺言執行とは、遺言書に従って手続きを進めることをいいます。
遺言書が残されたとしても、相続の手続きはやはり煩雑を極めます。
ひとつひとつ手続きを進めなければなりません。この記事では遺言執行について説明します。

遺言執行手続きの一覧

遺言執行手続きの内容としては、概ね以下の4つが多いかと思います。
 

手続きの内容 手続きを行う窓口
不動産の名義書換え その不動産の管轄法務局
銀行預金の名義書換え 最寄りの銀行支店窓口
保険名義の書換え 保険営業担当者
お墓名義の書換え 各墓地の管理窓口

これ以外には、アパート・マンションを借りている場合には、不動産会社などの大家さんとの契約手続きが必要ですし、会社を経営している場合には、株式名義の変更手続きも必要となります。その際には、不動産会社や、会社の場合には顧問税理士などに相談されるといいでしょう。

不動産の名義書換えについて

遺言書に不動産の相続に記載がある場合には、相続人は不動産の名義変更手続きを行うことになります。

その際には、以下の書類を準備して法務局の窓口に提出することになります。
・登記申請書(自分で作成)
・遺言書(公正証書遺言は正本又は謄本、自筆証書遺言の場合には検認証明書が必要となります)
・遺言者の戸籍謄本又は住民票(除籍と記載されています)
・固定資産評価証明書
・相続人の住民票(3ヶ月いない)

なお、不動産名義の変更の手続き費用は固定資産評価証明書の評価額の1

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です