夫から妻への贈与に贈与税がかかる場合とかからない場合を徹底解説

夫婦の間でもお金や財産のやりとり(贈与)が発生する場面は多々あります。
毎日の生活のなかだけでなく、生活環境が変わるタイミングでも夫婦間の贈与は起こり得ます。
この記事では、夫婦生活のイベントに沿って、贈与に贈与税がかかるのかどうか、について解説していきます。

結婚式、新婚旅行、引っ越し

夫婦となって、一番最初に行うイベントは結婚式、新婚旅行、新居への引っ越しでしょう。
これらにかかる費用は夫婦で分担する場合もあれば、夫がすべての費用を負担することもあります。

これらのイベントは夫婦が二人で行うものですし、お互いのためのものであるため、贈与という考えは発生しません。
したがって、夫がすべての費用を負担したとしても、贈与税は発生しません。

なお、夫婦のそれぞれの親、祖父母などからの結婚式などの費用を援助してもらったとしても、贈与税はかかりません。
 

マイホームを買うとき

最近は夫婦で共働きであることが増加傾向にあります。
ですので、マイホームを買うときには、夫と妻でそれぞれがお金を出すことも 多いようです。
マイホームの場合には、その所有権の持ち分をどうするのか?と購入資金をどのように負担したか?で贈与税の有無が変わります。

具体例として、「4

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です