土地登記費用の計算方法についてわかりやすく解説

よく「土地登記費用はいくらですか?」と質問を受けることがあります。
この記事では法務局での土地登記費用について解説いたします。なお、土地登記費用は法務局では登録免許税といいます。

土地登記費用は固定資産評価額がポイント

まず、土地登記費用を計算するにあたって、元になる金額は固定資産評価額です。
ですから、固定資産評価額を固定資産納税通知書か固定資産評価証明を取得して調べる必要があります。
これは、土地建物の違いはなく、共通です。

まずは、土地登記費用を調べるにあたり土地の固定資産納税通知書などを準備しましょう。
 

相続登記の場合の土地登記費用(登録免許税)の計算の仕方

相続登記の場合の計算は以下のとおりになります。

固定資産評価額×0.4%
ただし、固定資産評価額は1000円未満切り捨てになります。また、0.4%をかけた後の値についても、100未満の値を切り捨てします。
 

(計算例)

土地の固定資産評価額が9

完全初心者向け、癒やしの絵画レッスン

「第2のヨガ」と呼ばれ、全米でも大人気のオンライン体験アートを楽しもう。
スマホやPCから簡単に参加、講師がライブ配信でステップごとに描き方を説明。
完全初心者・子供でも、1回2時間でお部屋のインテリアとして飾れるステキな絵が完成しちゃいます。
絵の具セットやキャンバスも通販で販売中。あなたも絵を描いて飾って、ストレス解消、癒やされませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です