飼い主必見!「ペット火葬」の基礎知識

ペット火葬とは人間と同じように火葬して供養をすることです。

大切な家族の一員であるペットが亡くなった際、人間と同じように、葬儀、火葬、埋葬をしてあげたいと思う方が多く、最近ではその要望に応えた、ペット火葬業者が増えてきています。

また、葬儀という儀式を通じて残された人の心の整理がつきやすくなり、精神的に回復するスピードが早いといった傾向もあるようですので、飼い主さんにとってもメリットは大きいようです。

近年、ペット火葬では、亡くなったペットが安らかに先立っていけるよう、お経を読んだり、お線香をあげたりといったサービスも充実しています。

ペットが亡くなることは考えたくもないことかもしれませんが、いざという時に慌ててしまっては、ペットと最後の時間をゆったりと一緒に過ごすことができず、悲しい思いをしてしまうことになりかねません。

このページでは、いざというときのためのペット火葬についてお伝えいたします。

ペット火葬ってどこでやってるの?

大きくわけて3種類の方法があります。

施設火葬

人間と同じように火葬場施設で火葬する方法です。他のペットとの合同火葬か、個別火葬かを選べることが多く、大きさに余裕がある為、大型犬などの大きなペットでも安心して火葬ができます。

移動火葬

移動式の車で火葬する方法です。自宅まで来てもらい、その場で火葬ができます。特殊な専用車なので、煙や臭いなどの問題もなく、住宅街でも問題がないです。

自治体火葬

自治体に引き取ってもらい火葬する方法です。自治体により窓口は異なります。清掃局、衛生局、環境衛生局などです。自治体により違いはありますが、基本的には、有料ゴミ扱いとなり、遺骨の返骨もありません。

自治体によっては、動物用焼却炉での火葬や遺骨の返骨があったり、ペット霊園と提携しているところもありますので、一度、お住まいの自治体ホームページで調べてみると良いかと思います。

ちなみに東京23区の場合は、清掃局が1頭(25kg未満のみ)2

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です