飼い主必見!「ペット火葬」の基礎知識

ペット火葬とは人間と同じように火葬して供養をすることです。

大切な家族の一員であるペットが亡くなった際、人間と同じように、葬儀、火葬、埋葬をしてあげたいと思う方が多く、最近ではその要望に応えた、ペット火葬業者が増えてきています。

また、葬儀という儀式を通じて残された人の心の整理がつきやすくなり、精神的に回復するスピードが早いといった傾向もあるようですので、飼い主さんにとってもメリットは大きいようです。

近年、ペット火葬では、亡くなったペットが安らかに先立っていけるよう、お経を読んだり、お線香をあげたりといったサービスも充実しています。

ペットが亡くなることは考えたくもないことかもしれませんが、いざという時に慌ててしまっては、ペットと最後の時間をゆったりと一緒に過ごすことができず、悲しい思いをしてしまうことになりかねません。

このページでは、いざというときのためのペット火葬についてお伝えいたします。

ペット火葬ってどこでやってるの?

大きくわけて3種類の方法があります。

施設火葬

人間と同じように火葬場施設で火葬する方法です。他のペットとの合同火葬か、個別火葬かを選べることが多く、大きさに余裕がある為、大型犬などの大きなペットでも安心して火葬ができます。

移動火葬

移動式の車で火葬する方法です。自宅まで来てもらい、その場で火葬ができます。特殊な専用車なので、煙や臭いなどの問題もなく、住宅街でも問題がないです。

自治体火葬

自治体に引き取ってもらい火葬する方法です。自治体により窓口は異なります。清掃局、衛生局、環境衛生局などです。自治体により違いはありますが、基本的には、有料ゴミ扱いとなり、遺骨の返骨もありません。

自治体によっては、動物用焼却炉での火葬や遺骨の返骨があったり、ペット霊園と提携しているところもありますので、一度、お住まいの自治体ホームページで調べてみると良いかと思います。

ちなみに東京23区の場合は、清掃局が1頭(25kg未満のみ)2

完全初心者向け、癒やしの絵画レッスン

「第2のヨガ」と呼ばれ、全米でも大人気のオンライン体験アートを楽しもう。
スマホやPCから簡単に参加、講師がライブ配信でステップごとに描き方を説明。
完全初心者・子供でも、1回2時間でお部屋のインテリアとして飾れるステキな絵が完成しちゃいます。
絵の具セットやキャンバスも通販で販売中。あなたも絵を描いて飾って、ストレス解消、癒やされませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です