恥じをかかない神社とお寺の参拝方法のまとめ

一年のはじめの初詣をはじめ、お宮参りや法事、お葬式など神社やお寺に行く機会も多いのではないでしょうか。

それに、最近のパワースポットブームや旅行などで神社やお寺を訪れる人も多いと思います。

でも、正しい参拝方法を知っている人は意外と少ないものです。

お参りをする心が大切ですから正しい方法でなければならないということはありません。

しかし、人前でいざというときに困らない、神社とお寺の参拝方法の基本を、このページでお伝えします。

神社とお寺のちがい

ところで、神社とお寺の違いを知っていますか?違うことは知っていても実はうまく説明できない人も多いのではないでしょうか?

まずは神社とお寺の違いから説明します。

神社とは?

神社は神様にお参りをするところです。この神様というのは古くから日本で信じられてきた神様のことです。日本人はいろいろな神様がどこにでもいると考えていました。このような神様に対する考えを「神道(しんとう)」といいます。

お寺とは?

お寺は仏様にお参りをするとことろです。

仏様も古くから日本で信じられてきました。

仏様とは、「すべての悩みや苦しみから解放された人」のことです。このような考え方を「仏教」といいます。

仏教は、約2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です