遺産相続のトラブル事例の典型例と防止・解決方法

相続がトラブルになるケースはいくらでもあります。

このページでは典型的なトラブルになる例を挙げて、その対処法についてお伝えしたいと思います。

 

Contents

遺産相続のトラブル事例1:遺産が土地・家屋等の不動産が多い

遺産相続でトラブルとなる例として多いのが、遺産の大部分を土地・家屋等の不動産が多い場合です。

どのような場合が多いか、事例別に考察してみましょう

不動産のトラブルの事例1:だれかが独占しようとしている

例えば、長男夫婦が被相続人となる人と一緒に住んでいたとします。

被相続人の老後の面倒を見てきたことや、自分が長男で後継ぎであるという考えをもって行動する結果、家は自分一人で相続しようと考えてしまうこともあるでしょう。

戦前の家督相続制度の下においてならば許された考え方ですが、現在の法律のもとでは長男であろうが次男であろうが、男性であろうが女性であろうが相続権が発生するので、他の相続人から主張されたならそれには応じなければなりません。

それを無視して他の相続人に無理やり遺産分割協議書を送りつけて実印と印鑑証明を預かるような方法で遺産分割協議をすすめようものなら確実にトラブルになります。

不動産のトラブルの事例2:いらない土地の相続

逆に、だれもいらないような土地がある場合です。長男と次男が居て、それぞれ独立して生計を営んでいる場合に、田舎にあった実家をどうするかという問題です。

そのまま放置をしておいて空き家にしておくと、トラブルの元になりかねません。とはいえ立地によっては買主が見つからない可能性もあるでしょう。

そうして時間が過ぎていくうちに固定資産税の支払いをだれか代表者がしなければならないのです。

いらない土地の相続での押し付け合いもトラブルの一因となります。

参考:不動産の分け方

不動産の分け方には以下のようなわけ方があります。

1.現物分割(資産ごとに分ける)

現物分割

例えば遺産の内容から、2人兄弟に土地建物は長男に、残った預金は次男にという財産分与をするやり方です。分かりやすい反面、いわゆる相続分に沿ったわけ方は難しくなります。

2.代償分割(代わりにお金を払う)

代償分割

そこで、例えば上記のような例では預金が1

女性のプチ起業/副業におすすめ

アートのイベント「ペイントパーティー」を主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な大人気のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です