【完全保存版】香典返しのマナーまとめ

香典返しとは、葬儀の際にお供えいただいた香典に対してのお礼と、弔事を滞りなく終えたことを報告するために贈るものです。

厳密な決まりはないのですが、一般的なマナーを知っておいて損はありませんので、是非目を通しておきましょう!

香典について

香典とは亡くなった方の霊前に供える金品のことです。

起源は釈迦(ブッダ)入滅にまで遡ります。弟子たちはおのおの香木を持ち寄り、荼毘に付しました。その後、仏教では死者に香木を供える流れとなり、現代では香木の代わりに、現金であることが一般的です。

香典返しの相場は?

基本は半額

「半返し」といい、半額程度が相場です。

ただし近しい親戚の方などからの高額な香典の場合は3分の1程度で大丈夫です。あまりにもきっちりと半額で返してしまうと、厚意を無にしてしまう可能性もあるので注意が必要となります。

3万円程度までは半返し、それ以上の金額の場合は3分の1を基準として考えて失礼になることはないはずです。

当日返しが主流

最近では当日返しといい、2

完全初心者向け、癒やしの絵画レッスン

「第2のヨガ」と呼ばれ、全米でも大人気のオンライン体験アートを楽しもう。
スマホやPCから簡単に参加、講師がライブ配信でステップごとに描き方を説明。
完全初心者・子供でも、1回2時間でお部屋のインテリアとして飾れるステキな絵が完成しちゃいます。
絵の具セットやキャンバスも通販で販売中。あなたも絵を描いて飾って、ストレス解消、癒やされませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です