知っておきたい!介護保険の自己負担額の割合が2割の線引きはどこ?

2015年以降介護保険制度の仕組みが変わりました。

このページでは、改正によって2割の負担をするラインがどう変化するのかについてお伝えします。

介護保険制度の仕組みをおさらい

介護保険のしくみについて、改めて復習しておきましょう。

超高齢化社会の介護費用負担の仕組みが介護保険制度

私たちは今まさに超高齢化社会に直面しています。

平均寿命がどんどん伸びる超高齢化社会とは、「人生のうち、介護が必要な期間がどんどん長くなる社会」でもあります。

介護が必要な期間が増えるということは、そのために必要なお金がどんどん増えていくということですよね。

高額になる介護サービス費用のすべてを、サービスを実際に利用する人だけがすべて負担することは、実質的に不可能となっています。

そのため、社会全体で介護を必要とする人の費用を負担するために考えられたしくみが「介護保険制度」です。

介護保険制度は日本国内に住む40歳以上の人が保険料を負担する義務があります。

保険料を支払っていくことにより、将来的に介護サービスが必要になったときには、そのサービスを受ける費用を援助してもらえるというわけです。

従来は自己負担額は1割に抑えられてきた。

介護保険制度により、介護サービスを受けるときに必要な自己負担額は全体の1割だけに抑えられてきました。

実際には10

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です