不動産を相続するなら知っておきたい、かかってくる2つの税金についてのまとめ

 

 src=/upload/img/article/2016/20160622094938_u6_.jpg

不動産の相続税について

相続税は、相続が発生したことによって生じる税金です。

不動産を相続した場合、その金額を基準に相続税が算定されるわけですが、相続した不動産の価額全額が基準にされるわけではありません。相続税は、相続人が相続や遺贈などによって取得した財産価額の合計額が「基礎控除額」を超える場合に支払う必要が生じるものです。

なお、相続の対象となる不動産の価額は、土地建物に分けて考えます。

土地については、国税庁が定める路線価がある場合はそれに基づいて算出(路線価方式)し、路線価がない場合は固定資産税評価額に地域ごとに決められた倍率を乗じて算出(倍率方式)することになっています。

建物については、固定資産税評価額を基に相続税の対象となります。

なお、土地と建物の相続税の対象となる価額は、土地の形状・用途・性質など、建物の用途などを考慮することとなっています。正確な不動産の価額を算出するときは税理士などの不動産の相続税に詳しい専門家に相談するようにしましょう。

基礎控除額とは

一定の基準に該当する金額について、相続税の算定対象から控除するというものです。したがって、相続した不動産の評価額が、その基礎控除額を超えない限り、相続税は発生しないことになります。

基礎控除額は、平成27年1月1日の制度改正により、3

完全初心者向け、癒やしの絵画レッスン

「第2のヨガ」と呼ばれ、全米でも大人気のオンライン体験アートを楽しもう。
スマホやPCから簡単に参加、講師がライブ配信でステップごとに描き方を説明。
完全初心者・子供でも、1回2時間でお部屋のインテリアとして飾れるステキな絵が完成しちゃいます。
絵の具セットやキャンバスも通販で販売中。あなたも絵を描いて飾って、ストレス解消、癒やされませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です