タイミングは?忘れたらどうなる?扶養から外れるときの手続きに関する疑問解決

 

扶養を外れなければいけないのはいつ?

扶養扱いでいられる条件とは

扶養については、「税制上の扶養」と「社会保険の扶養」の2つがあるのは、もうご存知ですよね。扶養扱いとなるために満たす要件は、現在のところ次のようになっています。

  • 税金(所得税)の扶養:年収103万円以下であること
  • 社会保険(健康保険・年金)の扶養:年収130万円未満であること

良くいわれる「103万円の壁」というのは、両方を問題なく満たしている条件のことです。妻が夫の扶養となることで得られる優遇とは、税制上と保険について負担がいらないという意味なのですね。

例えば、時給700円×6時間×5日×4週間では1ヶ月84

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です