menu

相続の専門家を検索

特別養護老人ホームの探し方のポイント3つ

介護・医療 2015年10月14日 閲覧数:173

高齢者施設を選んでいく際に、特別養護老人ホームを優先して探していく人もいることでしょう。特別養護老人ホームというのは、有料老人ホームとは違い、地域の社会福祉法人や公共的な団体が運営をしている施設になります。

この施設は、公的な施設と考えることもでき、一定以上の水準があることを求められます。それゆえに民間企業が運営をしている施設に比べて特徴が施設ごとによって出てくることは少ないです。しかしそれでも施設によってその特徴、性質が違ってくることはあるので施設選択というのは意識をしておきたいものです。

特別養護老人ホームについては、介護を大きな目的としていきます。それゆえに介護の質、サービスの質を優先して確認しておきたいものです。サービスの質がしっかりと高いことが大前提となるので、他の要素で優れていても、介護の質、サービス面で質が低いということがあると、それだけ施設としてはデメリットを生んでしまうと考えておいたほうが良いでしょう。

特別養護老人ホームを選ぶ時のポイント

特別養護老人ホームを選んでいく時のポイントとしては部屋のあり方があります。特別養護老人ホームであると、比較的相部屋になってしまうことが多く、個人の部屋、個室を用意してもらうことが少ないケースが多いです。 ゆえに、個室を用意してもらえる、相部屋ではない施設というのはそれだけで魅力的ではあると言えるでしょう。ただ、個室であってもトイレ等が部屋内にないということや、何かあった時、すぐ職員が来てくれないというようなことになると、「個室」というものが大きなデメリットになってしまいがちなので注意が必要となります。

夜間サービス、医療的な要素の強いサービスを受けていきたい場合

特別養護老人ホームを選んでいく時に注意しておきたいポイントとして夜間サービスや、医療的なサービスの質についてです。特別養護老人ホームというのはこのようなサービスが民間企業運営の有料老人ホームに比べて種類が少ない、数が少ないことが多いです。夜間サービスや、医療的な要素をより強くしていきたいのであれば、民間の有料老人ホームを利用していくというのも手です。 ただ、特別養護老人ホームでも力を入れていることはあるので、まず探してみるのも良いでしょう。

入居待機者がどれくらいいるのかを常に確認しておく

特別養護老人ホームの最も大きな課題として入居における待機者の数です。入居をしようとしても部屋が空いておらず、待機をしている状態を意味します。この待機者が多いほど人気の施設である可能性は高いですが、入居待機者の数によっては入居できるまでに年単位の時間が必要になってしまうこともあります。

すぐに入居が必要になるという状況では特別養護老人ホームという選択肢がそもそもないというケースも十分あり得ます。それゆえに、気になる施設については入居待機者について関心を持っておくことをオススメします。将来的なことを踏まえて施設を探しているのであれば、待機時間が年単位でも実用性はありますが、比較的入居する必要性が高いという場合には、無理に特別養護老人ホームに固執せず、有料老人ホームを検討していったほうが良い場合もあります。

※とても基本的なことになってしまいますが、特別養護老人ホームを利用できる人の条件として65歳以上かつ要介護状態の人というものがあります。 これは64歳の人、あるいは要支援の状態の人は基本的に利用できないことを意味しています。 このような人は特別養護老人ホームではなく、別の高齢者施設を検討していくことになります。高齢者施設自体は種類も数も豊富であるので、選択肢が大きく狭まることはないでしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.