介護タクシー料金はどのように決まるのかその相場は?

介護タクシーを利用していく時、基本的にタクシーに乗って移動している時の料金は全て利用している人の負担となります。乗り降りする際に、介助が必要な場合等はその場面に限って介護保険を利用していけることが多く、乗っている時は基本的に介護保険は適用されないものと考えておくと良いでしょう。

つまり介護タクシーも通常のタクシーと同じように運賃を支払っていく必要はあります。地域や会社等によって違ってきますが、タクシーのメーターで840メーターほどまでは300円前後であることが多く、それ以降、追加加算されていくことになります。介護タクシーと言うと、全て介護保険で対応できると思ってしまう人もいますが、決して全てのタクシーがそのようなものではないことを利用する前に知っておく必要があります。

また会社、地域によって差が大きく出てくることもあるので、事前の料金確認は必須と言えるでしょう。確認をしないで介護タクシーに乗ることは、料金を確認しないで通常のタクシーに乗っていくのと同じことになります。料金を支払うことができないというケースは許されないものになります。介助等が必要になる場合、これらに加えて、介助料金がかかってきますが、多くの場合介護保険によって負担を抑えていくことができるのでそこまで大きな金額になることはないでしょう。

介護タクシーに求められる質

介護タクシーに関しては苦情も決して少なくありません。介護タクシーとして仕事をしている側としてはしっかり役割を果たしていても、乗っているほうとしては「介護」サービスとして見ているため、もう少し手を貸してほしいと思うことが多いようです。このような意識の差というのは、これからの課題と言えるでしょう。しかし一方で通常のタクシーのように距離によって料金が発生をしていることを考えると、サービスの幅というのは通常のタクシー業務に「体が不自由な人でも利用できる」という要素がついただけと考えることもできるでしょう。このあたりは介護タクシーをサービスとして提供している運営もとの方針によって大きく変わっていきます。

介護タクシーとして仕事をしていく運転手にも最低限の介護知識をしっかりと持ってもらう、専門的な人がタクシー運転手として付き添うことを徹底することも必要になってくるでしょう。介護保険が適用されるタクシーについては、このあたりはしっかりしているのですが、保険適用外の介護タクシーいわゆる福祉タクシーと呼ばれるものは、介護サービスの延長というよりも、タクシー業務としての延長という色が濃くなるため介護サービスを大きく期待している人にとってみると物足りないものになってしまうことはあるでしょう。福祉タクシーの運転手も基本的な知識、そして介護サービスとしての視点をもっと持ってもらう必要があるとは言えるでしょう。

利用する側のモラルも当然大切

介護タクシーを利用していく利用者側として、「してもらって当然」と思ってしまうこと、思い込んでしまうことは良くありません。必要なことはお願いをする、事前に話し合いしっかり行なってくれる会社、運営元を探しておくことが必要です。しばしば見られる介護現場での問題として多いのが、利用をする側の「してもらって当然」とサービスを提供する側の「ここまでが業務」という意識の差です。この意識の差というのは厄介な問題でもあり、しっかりとした線引きが必要になります。介護タクシーについてもサービスの線引きをしっかり行い、多くの人が満足、納得できるようなサービスにしていく必要があります。

※苦情が出るということはそれだけニーズが高いことを意味しているととることもできます。介護タクシーの将来性、可能性というのは大きいと考えられます。

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です