menu

相続の専門家を検索

自動車がある場合の遺産分割協議書の書き方(ひな形付き)

遺産分割協議書 2015年11月13日 閲覧数:2050

遺産に自動車が含まれていたとき、どのように相続をすることになるのでしょうか。相続人同士でその扱いを決め、遺産分割協議書を書くことになるでしょう。このページでは、自動車の遺産分割協議について解説します。
一般的な遺産分割協議書の書き方については「一般的な遺産分割協議書の書き方、作成方法(ひな形付き)」を参考にしてください。

遺産に自動車がある場合のポイント

​自動車は、どのような自動車なのかによって相続する、譲渡処分する、廃車するなどの手続が考えられます。そこで、それらを踏まえて遺産分割協議を行い、遺産分割協議書をまとめる必要があります。

相続する場合​

自動車は共有で相続するということはほぼありえません。
ですから、相続人の中の一人が所有するようにまとめる必要があります。そして、特定の方が相続するとすれば、名義変更の際には、車庫証明を新たにとったり、重量税の支払い状況を確認したりするなども必要となるでしょう。

譲渡処分する場合

譲渡処分の場合はその手続きを踏まえると、いったん特定の相続人に相続させて、その方が譲渡の手続を行うのがよいかもしれません。
そうでないと、全員で署名捺印した譲渡契約書が必要になってしまうからです。それでもよければいいのですが…。

廃車の場合

廃車手続になりますが、廃車手続きは意外に面倒です。
ですから、特定の方に相続してもらい手続をするのがおすすめです。

遺産分割協議書の作成方法

上記のように、結局のところ、どなたか単独で相続するほうが手続上は簡便です。
そのため、自動車がある場合の遺産分割協議書の文面は、どなたかが単独で相続するとして、以下のように記載するのが望ましいです。


下記、自動車は○○が取得する。

車  名  (○○○○○)

登録番号  (ナンバープレートの情報)

型  式  (車検証に書いてある型式です)

車体番号  (車検証に書いてある車体番号です)


とても単純ですが、これらの情報で自動車は特定されますので、これで十分といえます。
 

遺産に自動車が含まれている場合の遺産分割協議の注意点

初めに書きましたが、結局のところ、誰かそのまま乗るのか、それとも処分するのかに関わってきます。
相続人の皆さんでよく話し合う必要がありますが、処分する場合には、その相続人の負担が大きくなります。その場合の手間を考慮する必要があるでしょう。

また、遺産分割協議書を作成して名義を特定の方に移す場合ですが、運輸支局で名義変更手続となります。

その際には、

  • 1.自動車検査証
  • 2.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 3.遺産分割協議書
  • 4.車庫証明

を準備して運輸支局にお持ちください。
 

まとめ

自動車は一般的に共有できる財産ではありません。誰かがそのまま乗るか、処分するかを決めることになるでしょう。

遺産分割協議書の手引きに戻る

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺産分割協議書」に関する他の記事

「遺産分割協議書」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.