menu

相続の専門家を検索

遺産分割協議書の書式集、書き方のポイント

遺産分割協議書 2015年11月19日 閲覧数:620

相続がおこった場合、凍結された預金や不動産名義の変更のために遺産分割協議書を作成する必要があります。
どのような書式にすればよいか、書き方のポイントなどを解説していきます。

遺産分割協議書の書き方のポイント

遺産分割協議書は相続がおこったときにいろいろなところから用意するように言われれる書類です。書き方のポイントは次の3つです。

ポイントは3つ

  • だれがどの財産を相続するかがわかる
  • それぞれの相続人が取得する財産の金額がわかる
  • 相続人全員が合意していることがわかる

 

3つのポイントの具体的内容

なぜ、この3つは大切なのでしょうか?

どんなときに遺産分割協議書が必要とされるのか?を理解すると、この3つのポイントが大切かがわかります。

1.だれがどの財産を相続するかがわかる

銀行での名義変更を例にあげます。複数の銀行口座がある場合は、銀行側としてはどの支店のどの口座を名義変更すれば良いかを確認したいはずです。
したがって、支店名・口座の種類・口座番号を遺産分割協議書に書いておくとスムーズに名義変更ができます。

2.それぞれの相続人が取得する財産の金額がわかる

税理士に相続税の申告を依頼したときを例にあげます。相続税の計算は財産の金額を基礎にしますので、税理士としては、いくらの財産が相続されたのかを確認したいはずです。
したがって、なるべく相続する財産の金額を遺産分割協議書に書いておくとよいでしょう。

3.相続人全員が合意していることがわかる

遺産分割協議は相続人全員の合意がないと法的には無効になってしまいます。
合意があったことは署名、実印での捺印、実印の印鑑証明書をもって証明されます。
必ず、相続人全員から同意を得るようにしましょう。

 

書式例1(隠し財産があとで見つかった場合に備える)

下記に書式例を挙げて、書き方のコツを解説していきます。

分割協議書を作成して、しばらくしてから被相続人の隠し財産が見つかった、ということもあり得ます。あらかじめ、第3条のようにだれが取得するかを決めておくことができます。

            遺産分割協議書

被相続人鈴木太郎の遺産については、同人の相続人の全員のおいて分割協議を行った結果、各相続人がそれぞれ次のとおり遺産を分割し、取得することを決定した。

第1条 相続人鈴木花子が取得する財産

(1)○○銀行△△支店の被相続人鈴木太郎名義の普通預金

   口座番号 1234567

第2条 相続人鈴木一郎が取得する財産

(1)株式会社□□の株式

   1,000株

第3条 本協議書に記載のない財産が発見されたときは、当該遺産について、相続人鈴木一郎が取得するものとする。

上記のとおり相続人全員による遺産分割の協議が成立したので、これを証明するための本書を作成し、下記に各自署名押印する。

平成○○年○月○日

東京都新宿区神楽坂○丁目△番□号

相続人 鈴木花子 印

東京都杉並区松庵○丁目△番□号

相続人 鈴木一郎 印

 

書式例2(遺産に不動産がある場合)

法務局で不動産の名義変更(登記変更)をする際には、不動産の情報は登記簿謄本に記載されたとおりに書きましょう。登記変更手続きがスムーズに行えます。

            遺産分割協議書

被相続人 鈴木太郎

最後の住所 東京都新宿区神楽坂○丁目△番□号

相続人 鈴木花子

住所 東京都新宿区神楽坂○丁目△番□号

相続人 鈴木一郎

住所 東京都杉並区松庵○丁目△番□号

 

被相続人の遺産について、共同相続人 鈴木花子、鈴木一郎は遺産分割協議の結果、被相続人の遺産を以下のとおり分割した。

1.次の不動産については、鈴木花子が取得する。

(土地)

所在 東京都新宿区神楽坂○丁目

地番 △番□号

地目 宅地

地積 150平方メートル     

(建物)

所在 東京都新宿区神楽坂○丁目△番地

家屋番号 ○○番△

構造 木造瓦葺平屋建 居宅

2.次の銀行預金については、鈴木一郎が取得する。

○○銀行

△△支店

被相続人鈴木太郎名義の普通預金

口座番号 1234567

平成○○年○月○日

東京都新宿区神楽坂○丁目△番□号

相続人 鈴木花子 印

東京都杉並区松庵○丁目△番□号

相続人 鈴木一郎 印

 

まとめ

財産の内容がシンプルであれば、ご自身で遺産分割協議書を作成することは可能です。
ただし、不動産が複数ある場合や、分割内容が複雑な場合には行政書士、司法書士などの専門家に作成を依頼したほうがよいでしょう。

遺産分割協議書が法的に有効でないと、その後の銀行での名義変更、不動産登記や相続税の申告などの手続きがうまくいきません。
ご自分で書かれた場合も是非、一度専門家にチェックを依頼されることをお勧めいたします。

遺産分割協議書の手引きに戻る

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺産分割協議書」に関する他の記事

「遺産分割協議書」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.