menu

相続の専門家を検索

成年後見の申立書の書式について解説

成年後見人 2016年1月11日 閲覧数:1103
身内の方で認知症になった場合に、成年後見人をつけたいという方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、申立ての方法及び申立書について解説します。

申立ての手続きの方法は?

成年後見の申立ては全国の家庭裁判所で行います。家庭裁判所はおおよそ、都道府県の県庁所在地にあります

申立ては4親等内の親族や、市区町村長、検察官ができます。
4親等内の親族ですが、「おじ」、「おば」だけでなく「いとこ」まで入るよう覚えておくとよいでしょう。

なお、弁護士や司法書士は親族等からの依頼で代理して行うことができます。

申立ては必要書類を揃えて、窓口に提出することで行います。

申立てに必要な書類

必要書類名 取得先 記載
申立書 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
申立事情説明書 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
親族関係図 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
本人の財産目録及びその資料 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
本人の収支状況報告書及びその資料 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
後見人等候補者事情説明書 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
申立人が記載
親族の同意書 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
親族に署名捺印してもらう
戸籍謄本(本人と後見人候補者) 本籍地のある市区町村役場
住民票(本人と後見人候補者) 住民票のある市区町村役場
登記されていないことの証明書 法務局
診断書及び診断書付票 裁判所又は裁判所の
ホームページから
ダウンロード
医師に作成してもらう
愛の手帳の写し 所持している手帳のコピー
収入印紙(800円分と2,600円分) 郵便局
郵便切手
後見の場合:3,200円
保佐・補助の場合:4,100円
郵便局








































 

申立書及び申立て事情説明書の様式

下記は東京家庭裁判所のものです。


書式にしたがって記載することで完成します。
申立て事情説明書は様式にしたがって記載するのみです。




この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「成年後見人」に関する他の記事

「成年後見人」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.