menu

相続の専門家を検索

芥川龍之介の遺書と芥川賞

ニュース・コラム 2016年1月14日 閲覧数:157
2015年のベストセラーはお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの小説『火花』(文芸春秋)でした。流行語大賞にもノミネートされ、発行部数は240万部。大きな話題作となりました。この「火花」が受賞したのが芥川賞。芥川龍之介に関するものとは、想像はついても、実際のところはどのようなものでしょうか。芥川龍之介の遺言とともに紹介します。

芥川賞は1935年から

芥川賞の正式名称は、その名もずばり、芥川龍之介賞です。毎年、上半期と下半期の2回、純文学の新人に与えられるとされ、その選考委員は小川洋子さん、川上弘美さん、島田雅彦さん、宮本輝さん、村上龍さん、山田詠美さんら名実ある9名の作家です(2016年現在)。直木賞(直木三十五賞)とともに受賞作が発表され、毎回マスコミで採り上げられるなど、話題性の高い賞であることはご存知のとおりです。
もともとは、芥川龍之介の友人であった菊池寛によって、彼が経営する文芸春秋が手がける文学賞として、芥川の死後8年経った1935年に創設されました。創設当初はそう話題にあがる賞ではなく、石原慎太郎の『太陽の季節』がその転機と言われています。過激な内容と著者が学生であったことの話題性から、作品はベストセラーとなり、太陽族という言葉も生まれたほどです。
 

芥川龍之介と芥川賞

ノーベル賞の創設は、アルフレッド・ノーベルの遺言がきっかけでした。
では、芥川賞はどうでしょうか。芥川本人は何か関わったのでしょうか。
賞の創設は先述のとおり、芥川の死後のことです。何か生前に遺していたものがあったのか。
 
芥川龍之介は、1927年に自殺しています。自殺の動機として「将来に対する唯ぼんやりした不安」という言葉がよく知られています。
子どもへ遺した遺書には、「若しこの人生の戦いに破れし時には汝等の父の如く自殺せよ」と書かれ、人生に悩みぬいた彼の苦悩が読み取れるようです。
ここには、後の賞につながる言葉はなく、賞は菊池寛による友情の証のひとつとも言えるかもしれません。
 

まとめ

今日、華やかな文学賞として知られる芥川賞。芥川龍之介の類稀な文学の記念でもあります。彼の苦悩があったからこそ、輝ける賞としての地位があるのかもしれません。
芥川龍之介が亡くなった7月24日は、彼の晩年の代表作のひとつ「河童」から、河童忌と呼ばれています。
 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「ニュース・コラム」に関する他の記事

「ニュース・コラム」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.