介護タクシーとは?その利用はどのようにするの?

介護タクシーとは介護の要素を取り入れたタクシーであり、利用できる人の条件はあるものの、その条件を満たしている人にとってみればとても便利な移動手段となります。介護タクシーを利用していくための条件としては、介護保険を利用している、障害に関する認定を受けていることとなります。このような保険や認定を利用していないと利用できない介護タクシーですが、その分保険を利用して介助における費用負担を減らしていったりすることができます。

介護タクシーを利用していきたいと思う場合には、介護保険等の申請をしていき、訪問介護や介護に関するサービスを利用する時に一緒に利用していきたいというニーズをケアマネージャー等に申告しておくと、スムーズに使用していけることが多いです。決して自分で利用しようと思ったらいつでも利用できるわけではないので注意が必要です。

介護タクシーは、ホームヘルプサービスの1つとして考えることができる

介護タクシーと言うと、言葉自体にあまり馴染みがない人は、介護を受ける人がいつでも利用できるタクシーのように感じてしまうかもしれません。しかし実際には、訪問介護、ホームヘルプサービスのうちの1つであり、通院等に利用できる介助サービスということになります。それゆえに、運転手も介護に関する専門家であり、乗る時、降りる時にしっかりと介助をしてくれることになります。また、介護保険で利用できるものが介護タクシーであるため、基本的な利用料というのは介護保険で負担を減らしていくことはできます。しかし、乗っている間の料金については、通常のタクシーと同じように運賃が発生していきます。ここは気をつけなければいけません。

まぎらわしいのが、福祉タクシーです。福祉タクシーも介護タクシーと呼ばれることがあるのですが、これは介護保険が適用されることはありません。というのも福祉タクシーというのは民間の会社によって行なわれているサービスであり、運転手も介護に関する専門家ではありません。ただ、メリットがないわけではなく、費用が安い、応用が利くなど使いやすい面もあるため、介護タクシーを利用するか、福祉タクシーを利用するかはよく検討をする必要があります。

基本的に介護タクシーを利用したいなと思った時には、ケアマネージャーに相談をしていくと良いです。上記の介護タクシーと福祉タクシーの提案のほかに、送迎のある福祉サービス等を紹介してくれることもあります。福祉や介護で大切なことは思っている以上に選択肢があるということを知ることです。福祉タクシーについても会社が違えば、サービスの内容等も変わってきます。あきらめてしまう前に行動を起こしてみることをオススメします。

※介護タクシーについては、上記の介護保険の適用、不適用に関することや、料金、サービスに関することでトラブルが起こってくることが多いです。料金や保険の適用に関してはしっかりと確認し、思い違いをしてしまわないようにすることが大切です。

またサービスの質という面で問題がある場合には、サービス提供元を変えていく等のことをして対策を検討していくべきです。介護タクシーにこだわり過ぎてしまい、移動にストレスを感じるようになってしまうことはサービスを提供する側、提供される側の両方にメリットがありません。

移動手段としてだけでなく付き添いなどをしてくれる場合もあります。自分がどのようなことを目的としているのかを明確にできれば介護タクシーはとても便利なサービスになります。人によっては旅行等で介護タクシーを利用するということもあります。また場合によっては介護タクシーではなく他のサービスを利用したほうが良いこともあります。

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です