所有権移転登記の費用はいくらかかるかのまとめ

土地・建物などの不動産の所有権を、亡くなった人から相続人に設定するとき(所有権移転登記)には費用がかかります。
このページでは、所有権移転登記には、どのような費用の負担があるか、専門家に依頼する場合の相場などについて解説します。

所有権移転登記にかかる費用の内訳

登録免許税

必ずかかる費用が、登録免許税という税金です。

登記は誰でも行うことができますが、誰が行ってもこの登録免許税は同じ基準でかかります。税率は、その登記の設定原因により異なります。詳しくは後述します。

専門家に依頼する場合に必要な費用

専門家に依頼をする場合には設定を司法書士に依頼することになります。資格としては、弁護士も行うことができますが、通常は行っていません。

依頼する場合は、当然ながら、その司法書士に支払う費用が必要です。

 

所有権移転登記の実費

所有権移転登記には、必ず登録免許税がかかります。

その原因ごとに税率が異なり、具体的には下記のとおりです。

所有権移転登記の原因 税率
売買 20/1

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です