遺留分減殺請求にかかる弁護士費用の目安

遺留分減殺請求を弁護士に依頼する場合の費用の目安はどのように考えればよいでしょうか?

遺留分減殺請求の手続きのおさらい

まずは遺留分減殺請求までの手続をおさらいしたいと思います。

相談

専門家に依頼をする場合にはまず、弁護士(金額によっては司法書士)に相談をするところからスタートします。

遺留分減殺請求の内容証明

遺留分減殺請求は相手方に通知をすればよいのですが、通知をしたことの証拠を残すために内容証明郵便を利用する事になります。

交渉

遺留分減殺請求に対して相手方がどのような条件を呈示してくるのか等の交渉を行います。

調停

遺留分減殺請求については、いきなり訴訟をすることは認められておらずまずは裁判所を利用した話し合いである調停を利用することが求められています。

裁判

調停での和解案でも納得がいかなかった場合に裁判ということになります。

遺留分減殺請求についての弁護士費用の内訳

遺留分減殺請求をする場合にはどのような弁護士費用が発生するのでしょうか?

相談料

弁護士と相談をするにあたってかかる費用の事です。

書面作成代行

内容証明作成だけを代行してくれる場合の費用です。

着手金

事件に着手をした段階で発生する費用の事です。

成功報酬

事件が終わって得られた利益に対してかかる費用の事です。

遺留分減殺請求の手続の弁護士費用の目安

弁護士報酬については自由化されていますので、いちがいに以下の料金が必要というわけではないですが目安にしていただければと思います。

相談する

30分5

女性のプチ起業/副業におすすめ

アートのイベント「ペイントパーティー」を主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な大人気のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です