贈与税と相続税はどちらがお得?税率まとめ

財産を生きてるうちに誰かにあげた(贈与した)場合には、贈与税がかかります。
亡くなった後に財産を誰かにあげた(相続した)場合には、相続税がかかります。

では、贈与税の税率と相続税の税率はどちらがお得なのでしょうか?
同じ財産を同じ人にあげるのであれば、贈与と相続はどちらが税金を安くできるのか。
この記事では、税率表と財産の種類別にどちらがお得なのかを紹介します。

 

贈与税の税率

 

基礎控除後の課税価格 一般税率 特例税率
税率 控除額 税率 控除額
200万円以下 10% 10%
200万円超~300万円以下 15% 10万円 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円 20% 30万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円 30% 90万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円 40% 190万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円 45% 265万円
3,000万円超~4,500万円以下 55% 400万円 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

特例税率とは、父母や祖父母からその20歳以上の子どもや孫へ贈与した場合に使います。
一般税率は特例税率以外のケースの贈与に使います。

特例税率の方が少しだけ税金が安くなるように設定されています。

なお、贈与税の基礎控除は年間110万円です。
贈与した金額から110万円をマイナスした金額を上記の表にあてはめます。
 

相続税の税率

 

課税価格 税率 控除額
1,000万円以下 10%
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~2億円以下 40% 1,700万円
2億円超~3億円以下 45% 2,700万円
3億円超~6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

課税価格は基礎控除額をマイナスした後の金額となります。
相続税の基礎控除額は3

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です