弁護士・司法書士による成年後見人の手続き費用目安

成年後見人として弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合の費用はどのようになっているのでしょうか。

成年後見人の制度を利用するための費用

成年後見人の制度を利用するための費用として必要なのが、家庭裁判所の審判を受ける費用についてです。

費用については以下のような金額が必要となります。

成年後見人の制度を利用するための実費

専門家を利用する、利用しないに関わらず発生してくる実費としては以下のようなものがあげられます

収入印紙代 800円
切手代 家庭裁判所による
登記費用 2600円
鑑定費用 5万~10万(鑑定を行う場合のみ)

以上になります。

専門家に成年後見人の制度を利用する申立書を作成してもらう場合の費用

成年後見人の制度を利用するには家庭裁判所への申立てが必要になります。

内容は簡単なものではないので、自分でできない場合には弁護士や司法書士に依頼することになります。

その費用目安は、20万円前後となりますが、事務所方針等で前後するので相続に強い事務所にまずは問い合わせをしてみることが重要です。

成年後見人になってもらった専門家への費用は?

成年後見人に弁護士・司法書士などの専門家がなった場合にどの程度費用がかかるのでしょうか?

これについては成年後見人になる方の報酬については家庭裁判所が決める仕組みになっており、主な家庭裁判所では報酬の目安を出しています。

東京家庭裁判所の場合の基準

・基本報酬

通常の報酬体系については下記のようになっています。

基本報酬 2万円
財産価額が1

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です