相続税対策は誰に相談すべきか?分かりやすく解説

相続税の相談をしたい場合に誰に相談すべきなのでしょうか? 相続の専門家にもいろいろあります。よく知って、適した専門家に聞くことで相談事もスムーズに解決するでしょう。この記事では、相続税対策の専門家について紹介します。

相続税の相談は税理士にする

税理士法の規定に従うと、有償・無償にかかわらず個別の税額計算は税理士にしかできないことになっています。
そこで、相続税の相談をするにあたっては、税理士に相談することが不可欠といえるでしょう。
 

すべての税理士が相続税の相談を受けつけているわけではないことに注意

税理士にも得意・不得意分野というものがあり、相続税に関しては苦手としている税理士も多数いらっしゃる事には注意が必要です。

相続に強い税理士を探すには、まずは当サイトの専門家検索のページで探していただくことができます。

また、相続に強い専門家(弁護士・司法書士・税理士)であれば、ほとんどの場合に相続に強い税理士と提携しているので、そのつながりで教えてくれる場合があるでしょう。
 

相続税の相談をするにあたっての注意

情報を整理して相談しましょう

事前の相続税対策の相談にあたっても、相続が発生した後の相続税対策にあたっても、相談をする際にはできる限り情報を整理しておくようにしましょう。

具体的には下記になります。
 

内容 備考
相続人関係図 図でなくても構わない
財産目録 簡略なものでもよい
遺言書 ある場合は用意する
遺産分割協議書 相続が発生していて遺産分割協議がととのっている場合
不動産登記簿謄本(登記事項全部証明書) 不動産がある場合

最低限これらを用意しておくと、相談時間の短縮化につながり、相談料が増えてしまうのを避けられます。
 

相続税の相談を受けるためには?

通常は30分5

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です