長寿祝いの基礎知識とマナーまとめ(還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、白寿)

さまざまな呼び方がある長寿祝いは、どれが何歳だったか分からなくなってしまいがちですよね。ここでは、それぞれの長寿祝いの年齢とその由来、そしてお祝い方法についてご紹介します。それぞれ、現代では満年齢で祝うことが多いですが、地域によっては数え年で行う場合もあるので注意しましょう。

60歳の長寿祝い――還暦(かんれき)

「還暦」の意味は干支を知れば分かる!

「還暦」は「元の暦に還る」という意味です。干支といえば12支のことを思い浮かべるかもしれませんが、実際には10干12支を組み合わせたものが「干支」です。

「丙午(ひのえうま)」「辛未(かのとひつじ)」など10干と12支の組み合わせは60種類あり、60年たつと一巡します。このことから、60歳を「還暦」と呼びます。

プレゼントは赤いちゃんちゃんこが定番だった

還暦祝いは「一巡してまた生まれたときに戻る」という意味合いから、古来より赤ん坊の産着として使われた赤いちゃんちゃんこをプレゼントするのが通例でした。

現代では、「赤」をテーマに、その人の好みに合った贈り物をする人が増えています。ちゃんちゃんこにちなんで、シャツマフラーなど身につけるものが人気です。

祝い品の金額相場は1万円から5万円ほど

祝い品の金額相場は、父母の場合であれば1万円から5万円ほどです。

一人っ子の学生であればアルバイトで貯めた1万円、3人兄弟でそれぞれ自立していればみんなで折半して5万円程度など、自立具合により決めるようにしましょう。兄弟の還暦祝いに呼ばれたら、お祝い金として会食代を包むほかは、5

女性のプチ起業/副業におすすめ

アートのイベント「ペイントパーティー」を主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な大人気のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です