menu

相続の専門家を検索

ビートたけしさんの相続税対策からわかること

ニュース・コラム 2015年12月22日 閲覧数:288

コメディアン、タレント、映画監督とマルチな活躍をされているビートたけしさんは妻の幹子さんとの間に二人のお子さんがいます。
このうちの一人が元女優の北野井子さんです。
井子さんは2004年に結婚し、翌年にお子さんを出産しました。
その後、井子さんは離婚し子どもを引き取りました。

実は、ビートたけしさんはこの孫を自分の養子にしているのです。

なぜ、孫を養子としたのでしょうか?

  • 井子さんの負担を少なくして、再婚しやすい環境を作るため
  • 孫がかわいくてしょうがなく、自分のそばに置いておきたかったから

など、いろいろな憶測がありますが、そのうちの一つに相続税対策のためでは?との話があります。

この記事では、孫養子と相続税対策についてお伝えいたします。
 

基礎控除額が600万円増える

相続税には基礎控除額といって、この金額までは税金がかからないとされます。
基礎控除は3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算します。

孫養子もこの法定相続人の数に含まれることになりますので、600万円分基礎控除額が増えます。
 

生命保険金の非課税枠が500万円増える

生命保険金に相続税がかかる場合にも非課税となる枠があります。
500万円×法定相続人の数がその非課税枠です。

 孫養子はこの法定相続人の数に含まれますので、500万円分の非課税枠が増えます。

ただし、養子を法定相続人に含められるのにも制限があります。
実子がいる場合には1人まで
実子がいない場合には2人まで
となります。

この制限は、上記の基礎控除も同様です。
 

累進課税をゆるくできる

基礎控除も保険金の非課税枠もビートたけしさんの財産額からすれば、効果的な相続税対策とは言えないでしょう。
孫養子とすることで、大きな効果があるのはその相続税率を下げることができるからです。
 

累進課税 とは?

相続税は財産を多く相続すればするだけその税率が大きくなるように設定されています。
これを累進課税といいます。
 

相続税は相続人ごとに計算する

相続税は相続人ごとに相続した財産額に基づいて計算しますので、相続人が多い方が1人当たりの財産額を少なくできて税金を安くできます。
 

しかし、孫養子には相続税が2割加算される

では、孫がいる人はみんな孫を養子にされてしまうと、国も税収が減ってしまいますので、別の手立てを用意しています。
それが相続税額の2割加算という特例です。
孫養子の場合、通常の相続税に2割分を増額して支払わなければなりません。
この2割加算があると、孫養子にするとかえって相続税が多くなってしまうこともあります。

具体例で解説します。
 

具体例1.相続財産額30億円

相続財産額30億円
相続人は妻、子ども2人
法定相続割合で相続

孫養子なしの場合
相続税額は7億380万円

孫養子ありの場合
相続税額は7億1,883万円

孫養子ありの場合のほうが多くなってしまいます。
 

具体例2.相続財産額5億円

相続財産額5億円
相続人は妻、子ども2人
法定相続割合で相続

孫養子なしの場合
相続税額は6,555万円

孫養子ありの場合
相続税額は6,355万円

孫養子ありの場合のほうが少なくなります。
 

まとめ

孫を養子にすると、相続税対策になるかどうか?
それは財産の金額がどれくらいあるのか?によって違ってきます。

また、二次相続(上記の例では、妻が亡くなった時の相続)までを考えると、孫養子に相続することは1回分の相続税をとばすことになりますので、この分の節税が非常に影響が大きい場合もあります。

二次相続までを考えた将来の税金のシミュレーションは専門家である税理士に相談されることをお勧めいたします。

 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「ニュース・コラム」に関する他の記事

「ニュース・コラム」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.