menu

相続の専門家を検索

日本は高齢化社会ではない? 言葉の定義を知る

ニュース・コラム 2016年1月13日 閲覧数:308
日本は高齢化社会ではない。そう言われてもピンとこない方は少なくないかもしれません。ご存知のとおり、少子高齢化は進んでいます。でも、実際に厳密には、日本は「高齢化社会」とは呼びません。これは言葉の定義の話なのです。

高齢化社会の定義

 高齢化社会とはWHO(世界保健機構)や国際連合により定義があります。
具体的には、総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合、高齢化率によって、区分されています。これによると、高齢化社会とは高齢化率が7%以上のことを指します。
日本の高齢化率と言えば、2014年に25.78%(世界銀行)です。7%以上ですので、当然当てはまるかと思いきや、その呼び名にはさらに区分があり、14%以上で高齢社会、21%以上で超高齢社会となります。
そのため、日本は厳密に言えば、高齢化社会ではなく、超高齢社会というわけです。 
 
分類 高齢化率
高齢化社会 7~14%
高齢社会 14~21%
超高齢社会  21%~
 

日本が高齢化社会になったのは1970年

 日本の高齢化率が7%を超えた、高齢化社会になったのは1970年のこと。もう、45年以上も前のことです。1995年には高齢社会、2007年には超高齢社会になっています。
高齢化社会とは、とうに過去の話。高い医療技術や、社会保険の充実、豊かな経済など、その理由は多様に上げられます。
すでに超高齢社会となってからも約10年。高齢化社会と耳にし始めてからも半世紀近いともなれば、日本にとって高齢化とは非常に身近な話でしょう。
 

超高齢社会は世界で3ヶ国のみ

では、他の諸国の高齢化率はどうでしょうか。
日本以外に超高齢社会である国は、先の世界銀行のデータによれば、2ヶ国しかありません。イタリアとドイツです。しかし、その2ヶ国も、それぞれ21.45%、21.25%と、日本に比べれば、だいぶ差があります。日本は超高齢社会を超えて、超「超」高齢社会とでも言えるような社会になっています。
なにせ長寿世界一は日本です。日本の平均寿命は84歳(世界保健統計2015)で単独1位。女性にいたっては87歳。平均寿命が90歳になる日も近いのかもしれません。
 

世界70億人の高齢化社会

世界の平均高齢化率は8.06%です。
先の定義に沿うと、高齢化社会に当てはまります。今世紀に世界の人口は70億人を突破しました。世界70億人の高齢化社会だと思うと、なんともスケールの大きな社会変化とも言えるでしょう。
 

まとめ

世界70億人が高齢化社会ですが、日本が高齢化社会になったのはすでに半世紀近く前のこと。ずいぶんと先んじています。
マスコミや研究者も、多々言うとおり、世界一の高齢化率であり、長寿の国である日本にこそ、高齢者にやさしい社会を発信できることでしょう。
相続などの社会保険や制度も、今後ますます充実させたいものです。
 
 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「ニュース・コラム」に関する他の記事

「ニュース・コラム」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.