土地の贈与税を自分で計算する方法を解説

土地を贈与されることとなった場合、まず間違いなく贈与税がかかることでしょう。
贈与税の計算は相続税とは違って、シンプルな方法ですのではじめての方でも計算することは可能です。
この記事では、土地の贈与税の計算について暦年課税での計算方法を解説します。
 

まずは土地の評価金額

贈与税はどの財産を贈与されても、その計算式は同じです。
したがって、贈与税の計算ではその財産の金額がいくらなのか?つまり評価が非常に重要です。

土地の贈与税の評価額は基本的に相続税での評価方法と同じです。
路線価方式または倍率方式によって評価金額を計算します。

宅地のケースについて、詳しくは「自宅の土地(宅地)の相続税評価額の計算方法」にて解説しています。
 

贈与税の計算方法

贈与税には、暦年課税と相続時精算課税の二つの方式があります。
この記事では、暦年課税の計算方法を紹介いたします。
 

計算式

土地の評価金額-基礎控除(110万円)×税率-控除額=贈与税額

 

税率と控除額は評価金額に応じて変わる

上記の計算式の税率と控除額は(評価金額-110万円)がいくらかによって変わってきます。

どの税率と控除額になるか、は一覧表にまとめています。
知っておきたい贈与税の計算方法と税率」で、税率と控除額を確認しましょう。
なお、相続時精算課税の計算方法については「相続時精算課税制度をわかりやすく解説」を参照ください。

配偶者控除に該当すると2

プチ起業/副業におすすめ

ニューヨークなど全米で大流行中の新規ビジネス、「ペイントパーティー」を日本各地で主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な急成長中のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です