menu

相続の専門家を検索

石川 秀樹行政書士

石川 秀樹
  • 相続の悩み解決オフィス 石川秀樹行政書士事務所
  • 静岡県 静岡市葵区沓谷1-3-16

相続の悩み解決オフィス! 石川秀樹です

遺言と相続対策の専門家です。相続を無事に乗り切るには知恵が必要です。事前に対策しておかなければ家族間の紛争は必ず起こります。日本ではお母さんが遺言書を遺すことはほとんどありません。でも本当はお母さんが亡くなる2次相続の時にこそ”争族”は起こるのです。働き手であるお父さんが亡くなる1次相続では、相続税対策が必要です。納税は現金一括納付ですから、思ったより厳しいです。相続税負担で家庭やお店、会社が危機に見舞われないよう、しっかり対策しましょう。遺言書と生命保険、家族信託を使えば相続の悩みはほぼ解決できます。ただし付け焼刃の知識で動かないでください。聞きかじりの対策は危険です。まずはご相談ください。一緒に考えていきましょう。

氏名 石川 秀樹(いしかわ ひでき)

資格・所属

静岡県遺言書協会理事
静岡行政書士会
事務所 相続の悩み解決オフィス 石川秀樹行政書士事務所
スタッフ数 2名
住所 〒420-0816 静岡県静岡市葵区沓谷1-3-16
アクセス 静鉄電車「音羽町駅」から徒歩15分
静鉄バス「三松」から徒歩1分
事務所紹介

遺言と相続の悩みを解決する専門家です。相続を無事に乗り切るには知恵が必要です(知識ではありません)。事前対策がなければ家族間の紛争は防げませんし、思いがけない相続税負担で家庭やお店、会社が危機に見舞われることにもなります。私は遺言書と生命保険、家族信託などを活用してよい相続に導きます。付け焼刃の知識では動かないでください。危険です。まずはご相談を。一緒に考えていきましょう。

相続の悩み解決オフィス 石川秀樹行政書士事務所
TEL 054-374-1430
(オール相続のホームページを見たと伝えていただければスムーズに伝わります)
FAX 054-246-0924
URL http://yuigonsouzoku.net

相続・事業承継についての実績

相続問題の重大さが一般の方にまだ十分理解されていません。そこで《遺言相続Solution.net》(HP)で問題提起と解決策を書いています。まだコンテンツは十分ではありませんが、2016年は執筆に馬力をかけ、さまざまなソリューションを提案していきます。

プロフィール・経歴

ジャーナリストです。
静岡新聞の編集局長を務め、退職後、行政書士になりました。ですから私は相続問題をふつうの人の目線でとらえ解決方法を探します。専門家の提案は一部分では正しくても、人間という「感情ある動物」の特性をとらえず、バランスを欠いた的外れな対策をすすめがちです。節税にはなっても老後の生活はかえって不安、といったような提案を平気でしてしまいます。
相続は対策する本人、恩恵を受ける推定相続人個々の事情を考えてしないと失敗します。お金の割り振りだけで相続問題は解決しません。
あなたはプロに何を期待しますか? 節税ですか? 相続税の納付資金捻出ですか? お金の問題だけなら簡単です。しかし遺産の分配をもめることなくやり遂げるとしたら、これは難しいです。個々の当事者には感情があります。ただのお金の話ではありません。愛情や信頼の多寡まで計ってしまうものなのです。知識が豊富、法律やお金の専門家というだけでは相続問題は解決できません。
依頼するあなたは、本当はどうなってほしいと思っているのでしょうか。問題解決はそこから始まります。
よく話を聞いてくれる専門家を見つけてください。
私をその候補者の1人に加えていただけませんか?

営業日・料金

営業時間 08時30分~21時00分
休日 日曜日
対応地域 東京都・神奈川県・山梨県・静岡県
相談料
  • ■電話相談無料
  • ■初回面談無料
  • ■電話相談30分: 3,000円
  • ■通常面談30分: 5,000円
  • ■出張日当: 10,000円

初回は状況をお聞きし「問題」「課題」を探るための相談ですから、無料です。
2回目以降は個別の対応になります。相続対策は「相続税対策」であれ「争族を防ぐための対策」であれ、「1人で生きていくための対策」であれ、ご自分の現状を正確に把握する必要があります。そのために私は仕事をお引き受けする場合、「自己カルテ」として50余ページのノートをお渡しし、お客様と一緒に記述する作業を行います。これをすべての基本情報としてテーマごとに対策を立てていきます。基本料金は1案件につき5万円です。

相続・事業承継セミナー情報

開催日 都道府県 セミナー名
2016年
11月26日
静岡県 みんなで学ぼう、家族信託!

みんなの相続Q&Aで行った回答   全 12件

古い不動産3軒所持の場合

遺産相続の準備 2016年1月13日

fuuさん 相続対策には順番があると思うんです。 どんな場合も、第一に考えなければならないのは「残された人」の生活です(普通でいけばお母さまが残される可能性が高いですね)。老後の預貯金は十分か、一緒...

住宅購入のための贈与について

贈与 2016年1月14日

うろこさん、大丈夫ですよ。あなたが住宅を購入する際に、ご両親から1000万円を贈られた場合、当然「贈与」に当たりますが贈与税はかかりません。また「相続」の発生時にこの1000万円に対してさかのぼって相続税...

遺言書についての質問

遺言書 2016年6月19日

いろいろ考え方はあると思いますが、父親の死後、あなた(X)が父のマイホームであった家と土地を相続し、そこに住み続けるということを前提にすると─── 父親に以下のような遺言書を書いてもらうようお願いした...

お知らせ・ブログ

★相続放棄のコワい落とし穴 勘違い放棄は大変なことになります!

2016年6月20日

◇相続放棄とは 民法上の用語の一つで、法定相続人が遺産の相続を放棄すること。 相続放棄をしようと思う者は相続を知った時から3か月以内に家庭裁判所で申述書を提出しなければなりません。 相続放棄をする...

★”魔法の1行”で内縁の妻に全財産を遺贈する らくらく文例2

2016年1月10日

前回、妻に全財産を相続させる遺言書を紹介しました。 ”魔法の1行”の必要性は「内縁の妻」の方がより切実でしょう。 日本の相続法は「文書中心主義」だからです。 ■民法は事実婚の人を守ってくれな...

★”魔法の1行”で妻が全財産を相続できる らくらく文例1

2016年1月10日

「らくらく遺言(いごん)」文例の第1番に紹介すべきは、永年苦労を分かち合ってきた配偶者への遺言書でしょう。 遺言書  遺言者静岡太郎は、妻静岡花子に私の全財産を...

静岡県で活動している相続に強い士業・企業

 

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.