menu

相続の専門家を検索

石川 秀樹行政書士,相続コンサルタント

石川 秀樹
  • 相続指南処 石川秀樹行政書士事務所
  • 静岡県 静岡市葵区沓谷1-3-16
対応業務
  • 遺言書作成
  • 生前贈与・相続対策
  • 保険の相談
  • 家族信託
  • 成年後見
  • 財産評価
  • 相続手続き・不動産登記
  • 事業承継・M&A
  • 葬儀の相談
  • 墓地・霊園の相談
  • 遺品整理

相続指南処  石川秀樹です

遺言と家族信託を得意とする相続対策の専門家です。
相続を無事に乗り切るには専門家との協働が欠かせません。
何をしていいかわからないと手つかずのままでいると、権利意識ばかり強い相続人がいれば必ず家族で紛争が起きてしまいます。親と子で(子と言っても最近は老々相続となるのが普通で、「子」も相当な年齢ですが)意識がまったく違います。
資産家家庭では、父親が亡くなる「1次相続」でもめることが多いでしょう。後継争いや愛情の奪い合いとなります。
ふつうの家庭では、両親とも亡くなった「2次相続」の時に紛争が起きがちです。親という主柱がなくなり、欲望に歯止めがかかりません。

そうなった家族をもう誰も救うことはできません。
起きる前に手を打っておくべきです。
遺言書や生命保険の活用といった知恵で、ある程度は子の欲をコントロールすることはできます。
さらに民事信託という新しい画期的な手法もあります。
家族間の関係性を意識していれば”争族”はなくすことができるのです。

争いを防ぐのはそれほど難しいことではありません。
本当に難しいのは”老い”をどう迎えるか、ではないでしょうか。
日本はすでに超高齢社会。3人に1人は認知症になるといわれています。
高齢になると、突然脳梗塞になったり、大きな病気を境に健康だった人でも介護が必要になったりします。

自分が認知症になるなんて、普通は考えもしません。
でも、自分の意思や希望的観測とは関係なく、なる時にはなってしまうようです。
ひとり暮らしていてお金の管理もできなくなったら、本当にどうなるんだろうと心配になります。
超高齢時代に起こる事態を、つい最近まで、誰も真剣に考えませんでした。
現実の方が進んでいます。
歳をとったら家を売って施設に入ろうと思っていても、売買自体ができなくなるような事態が現に起きています。
深刻な話ですが、解決法がないわけではありません。
私は成年後見制度より「家族信託」を断然推奨します。
家族の誰かに家を「信託」しておけば、受託者になった家族が契約行為をやってくれ何の心配もなくなります。

こういうアイデアは今までの相続対策にはありませんでした。
新しい知恵や手法を使いましょう。
自分を救うため、そして家族を困惑させないために。

老いていくということは今の私たちが想像するほどなまやさしくはないようです。
ですから私たちは、まず自分自身を守るために周到な計画を持たなければなりません。
その上で、大切な家族のことも考えていきます。

対策の仕方はいろいろあります。
相続対策と言うと財産のことばかり言う人がいますが、間違っても「節税」することが家族のための対策だなどと思わないでください。
まず老後の私たち自身のくらしのことです。
そのうえで、何をしたらみんなが幸せになれるのかを考えましょう。
何から始めればいいのか、何をすればいいのかさえわからない、という人も多いかと思います。
どうぞご相談ください。
じっくりお話をうかがい一緒に対策していきましょう。

氏名 石川 秀樹(いしかわ ひでき)

資格・所属

静岡県遺言書協会理事
静岡行政書士会
事務所 相続指南処 石川秀樹行政書士事務所
スタッフ数 2名
住所 〒420-0816 静岡県静岡市葵区沓谷1-3-16
アクセス 静鉄電車「音羽町駅」から徒歩15分
静鉄バス「三松」から徒歩1分
事務所紹介

遺言と家族信託で相続の悩みを解決する専門家です。相続を無事に乗り切るには知恵が必要です(知識ではありません)。事前対策がなければ家族間の紛争は防げませんし、思いがけない相続税負担で家庭やお店、会社が危機に見舞われることにもなります。私は遺言書と生命保険、家族信託などを活用してよい相続に導きます。付け焼刃の知識では動かないでください。危険です。まずはご相談を。一緒に考えていきましょう。

相続指南処 石川秀樹行政書士事務所
TEL 054-374-1430
(オール相続のホームページを見たと伝えていただければスムーズに伝わります)
FAX 054-246-0924
URL http://yuigonsouzoku.net

相続・事業承継についての実績

相続問題の重大さが一般の方にまだ十分理解されていません。そこで《遺言相続Solution.net》(HP)で問題提起と解決策を書いています。これから力を入れていくのは家族のための「民事信託」です。認知症になっても「成年後見がある」というのはリスクの高い対応策です。認知症の不安があり、家族に信頼できる人がいるなら「信託」を検討してください。ベストに近い解決策をご提示できます。

プロフィール・経歴

ジャーナリストです。
静岡新聞の編集局長を務め、退職後、行政書士になりました。ですから私は、相続問題を士業の目というよりは、ふつうの人の目線でとらえ解決方法を探します。
母も父も(病気は違うのですが)現在、鼻からチューブで栄養を摂るようになりました。いろいろなことを考えさせられます。老後の問題を評論家のように語る気にはなれません。専門家はなんと軽く「相続対策」などと語るものよと感じます。
歳を取るということはなまなかなことではありません。生き残る側は傲慢です。恐れを知りません。節税などというケチな発想は、老いをと向き合ったときには何の説得力も持ちません。バランスを欠いた的外れな対策を聞くと、『やれやれ』という気分になります。
相続のことだけは専門家にご相談ください。ただしあなたの話をとことん聴き、あなたの本当の想いを見つけようとする専門家でなければダメです。
すぐに「節税」「土地の有効活用」などという話をしたがる専門家には近づかないでください。相続対策の本質はそこにはありません。

申し遅れました。私の経歴です。
1973年4月 静岡新聞社に入社
編集者、新聞記者へて編集局長(2004.3~2006.8)
2012年2月 静岡新聞社を退社
2012年3月 ミーツ出版株式会社設立
2012年8月 行政書士を静岡市で開業
2014年5月 自筆遺言普及の「静岡県遺言書協会」設立に参画、現在は理事
2016年3月 家族のための民事信託を手掛ける

営業日・料金

営業時間 08時30分~21時00分
休日 日曜日
対応地域 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・山梨県・静岡県・愛知県
相談料
  • ■電話相談無料
  • ■初回面談無料
  • ■出張日当: 10,000円

「電話相談」についてはあえて記述しておりません。
電話の相談では「責任ある回答」という意味で限界がある、と思っているからです。

よくあるのは、いきなり電話で”答え”を求められるケースです。
「相続から1年たってから督促状が来た。今から相続放棄できますか?」
「伯母が遺言を書くと言いながら事故に遭って意識レベルが低くなった。遺言書はもう書けませんか?」
こういうケース、できるかできないかと聞かれたら「できません」と答えるしかありません。でも、状況を詳しく聴ければ何らかの方法が見つかることもあります。99%閉まりかけていた扉もこじ開けるのが私の仕事でもあります。
しかしそのためには、徹底的に前後の状況をお聴きする必要があります。

例に出した話でいいますと──
1年後の督促状、相続放棄ができた例を見つけましたが、その後何度電話してもつながらず、結局それきりになりました。
伯母の遺言書の話は、相談者と何度も何時間も電話で話し(北海道の人だったので)、別の解決方法を見つけました。
遠い方からの相談として、こんな例もあります。
アメリカ在住の人から「家族信託をしたい」と突然メールが入りました。
「両親が静岡市に住んでいる。いずれ実家を売って老後の資金に回したいが、信託を組めないか」というお話し。
その後何回もメールのやりとりをして、帰国した時に公正証書による契約を交わすことができました。

要は「電話ではダメ」「遠くにいるから無理」というわけではありません。
基本は、問題をどうしても解決しようという意欲が相談者にも、コチラにもあるかどうか。
そのまたもっと基本は、情報を十分に共有できるかどうかです。

このサイトには「面談30分 〇〇〇〇円」という書き込み項目があります。
私はこの項目に数字を入れなかったので「相談料」は表示されていません
相談自体は「どういう仕事になるか」を聴き取るための過程ですから、何時間かかっても無料です。
そこから先の料金は、何ができたかによります。
主な業務のみ以下に列挙します───

●問題解決型の案件 10-30万円
※問題解決が莫大な経済価値を生む場合は「成功報酬」となります。
成功報酬 おおむね生み出した経済価値の1-2%

●遺言書の文案作成 3-10万円
※公正証書遺言の場合、公証人との調整、証人料(1万円)を含みます。

●民事信託のコンサルティングと契約書作成 20-100万円
※手慣れた案件なら30万円以内。時に高額になるのは、他士業・専門家との協力が必要になる場合です。
今まで誰も手掛けなかったような先進的な案件については、極力料金を抑えてでも対応いたします。

●相続税対策 0-20万円
※生前贈与などどなたでもご存知の方法については料金をいただきません。その場合でも、税務署に「贈与」を否認されないよう、誤りなき方法をお示しします。

●”争族”対策 5-10万円
※対策として「遺言」「信託」「生命保険」「不動産」などを活用することになります。この分野こそ、一般の人と専門家の差が出てきます。無茶な対策はすすめませんから安心してご相談ください。

●生命保険の相談 無料

●不動産の処分や活用に関する相談 無料-10万円

●終活や介護、医療に関する相談 無料

●延命拒否や尊厳死宣言書作成など 無料-5万円
※有料になるのは文書を作ったり、医療機関との調整に動いた場合です。

●死後にしてもらいたいことの依頼 10-20万円
※遺品整理、葬儀、埋葬(墓じまい含む)、納骨、供養などの”死後の委任事務”についても、生前から手を打って安心できるようにします。






相談事例・評判

相続・事業承継セミナー情報

開催日 都道府県 セミナー名
2016年
11月26日
静岡県 みんなで学ぼう、家族信託!

みんなの相続Q&Aで行った回答   全 12件

古い不動産3軒所持の場合

遺産相続の準備 2016年1月13日

fuuさん 相続対策には順番があると思うんです。 どんな場合も、第一に考えなければならないのは「残された人」の生活です(普通でいけばお母さまが残される可能性が高いですね)。老後の預貯金は十分か、一緒...

住宅購入のための贈与について

贈与 2016年1月14日

うろこさん、大丈夫ですよ。あなたが住宅を購入する際に、ご両親から1000万円を贈られた場合、当然「贈与」に当たりますが贈与税はかかりません。また「相続」の発生時にこの1000万円に対してさかのぼって相続税...

遺言書についての質問

遺言書 2016年6月19日

いろいろ考え方はあると思いますが、父親の死後、あなた(X)が父のマイホームであった家と土地を相続し、そこに住み続けるということを前提にすると─── 父親に以下のような遺言書を書いてもらうようお願いした...

お知らせ・ブログ

★家族信託のパンフレットを作りました!

2017年12月9日

家族信託を説明するパンフレットを作りました。 A4判、8ページのカラー版です。 (写真でお見せできないのが残念です) 併せて、10ページのヒヤリングシート集も用意しました。 注目は3ページを割いた「家...

★相続放棄のコワい落とし穴 勘違い放棄は大変なことになります!

2016年6月20日

◇相続放棄とは 民法上の用語の一つで、法定相続人が遺産の相続を放棄すること。 相続放棄をしようと思う者は相続を知った時から3か月以内に家庭裁判所で申述書を提出しなければなりません。 相続放棄をする...

★”魔法の1行”で内縁の妻に全財産を遺贈する らくらく文例2

2016年1月10日

前回、妻に全財産を相続させる遺言書を紹介しました。 ”魔法の1行”の必要性は「内縁の妻」の方がより切実でしょう。 日本の相続法は「文書中心主義」だからです。 ■民法は事実婚の人を守ってくれな...

静岡県で活動している相続に強い士業・企業

 

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.