menu

相続の専門家を検索

後から見つかった現金について

よのこさん 2016年5月10日 福島県

父が亡くなり、しばらくして父の作業部屋を片付けていたら、数百万の現金が見つかりました。銀行に預けていた他に、手元に置いていたらしいのです。毎日コツコツ貯めていたらしい現金は、紙幣だったり小銭だったりします。これらの現金はどのようにして処理をしたら良いのでしょう。兄弟で分けようと思っていますが、相続税などはどのようになりますか。

回答日:2016年5月10日

よのこさん
お答えします。
基本的には相続財産に該当します。これからの処理の検討が必要になるかと思います。
ところで、お父様の相続開始の時期は、いつですか?そして相続財産はどの位で、また相続税の申告はお済みですか?
一度、相続税の申告書を提出したのであれば、修正申告が必要ですね。
もし、課税される相続財産が基礎控除以下ということで、申告が必要ではなかったということであれば、新たに発見した現金を加えた遺産の課税価額を早急に計算してみる必要がありますね。
ご相談に応じます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.