menu

相続の専門家を検索

金庫に入っている現金の証明方法

shareさん 2016年5月29日 東京都

相続税に関しての質問です。私の祖母は、銀行の通帳に入っている金額以外に、いわゆるタンス預金のような漢字で、家の金庫に現金をしまっています。相続税の申告の時に、銀行の預金金額については銀行が証明してくれると思うのですが、そういった現金に関してはどのようにしてその金額を証明すれば良いのでしょうか?教えて下さい。

回答日:2016年5月30日

shareさん
お答えします。
お祖母さまの亡くなる直前あるいは、少し前に預貯金を払い戻しした形跡があるなど比較的紐つけができるものは、「◎◎銀行より□月△日払い戻し分300万円、同行◇月×日払い戻し分500万円」等と記録したうえ、預貯金の摘要欄に記載することになるかと思います。
しかし、時期、現金の入手経路など判別ができないということであれば、封入の単位ごとあるいは、帯封(又は束)の単位ごとに金額を記録するとか、金種ごとに枚数や金額を記録する等少なくとも現金について金額、枚数を数えた証が必要となります。
余程のことがない限り問題にはならないのですが、その状況が具体的であるほど信頼度は増すと考えられますね。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.