menu

相続の専門家を検索

父が他界している場合の遺言のある祖母の土地の相続

たわしさん 相続税 2015年7月22日 栃木県

父方の祖母がなくなった時に、遺言書の内容によっての相続の割合がどうなるのかを教えて頂きたいです。
条件は、祖母には3人の子が居て、3人とも結婚してその子供もそれぞれ複数います。さらに、私の父が既に他界しています。
祖母には土地があるのですが、生活の面倒を見ている叔母一人に預けると遺言があった場合、私の母はその土地を全く貰えないのでしょうか?

回答日:2015年7月22日

こんにちは

まず、お母様は父方の祖母の相続人ではありません。祖母より先にお父さまがお亡くなりになっている場合、お父様に代わってそのお子様(たわしさん等)が相続人になります。

それから、「叔母一人に預ける」と書かれた遺言は、叔母さんに相続させる意思があったかどうかあいまいなので、一概にどうなるという判断は出来ません。

仮に全ての財産を叔母さんに相続させるという主旨だった場合、たわしさんは遺留分を請求することは可能です。
遺留分とは一定の割合で相続を請求できる権利の事です。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.