menu

相続の専門家を検索

子供であっても相続したくないというパートナー

ちかさん 相続税 2015年11月6日 埼玉県


現在、お付き合いしている男性ですがバツイチで子供がいます。
元妻はすでに別の方と再婚しています。
離婚してからは全く元妻とも元妻の子供とも連絡をとっていません。
私とそのパートナーの男性は事実婚という形を選び、婚姻関係を結ばないと決めております。
遠い将来その男性が亡くなった時、相続は元妻の子供達に発生するのでしょうか。
パートナーは元妻の子供に一切相続はしないと遺言を残すつもりでいるのですが、
その遺言書どおりそれは可能なのでしょうか。

回答日:2015年11月6日

ちかさん初めまして。
まず、ご質問の1つめである、ちかさんとパートナーが事実婚を取った場合に相続人になるのは、パートナーと前妻との間に生まれたお子さんのみです。
そのため、ちかさんがパートナーの財産を承継するためには、遺贈することになります。
次に、ご質問の2つめである、遺言で元妻の子供に相続をさせないことも可能です。これを遺言による廃除といいます。
もっとも、廃除が認められるのは、パートナーのお子さんがパートナーに対して、虐待や重大な侮辱、著しい非行等を行った等の廃除事由が認められる場合です。
遺言による廃除の場合には、遺言執行者を指定しておく必要もあります。
なお、ご質問に書かれた「子供に一切相続はしない」とのみ書いた場合は、廃除の趣旨ではなく、相続分を0とする相続分の指定と解釈されて、遺留分が残る可能性もあります。
遺言を作成される場合は、専門家にお願いすることをお薦めいたします。

回答日:2015年11月8日


山﨑様

このたびはご回答ありがとうございます。
やはり「子」という存在は第一優先の
相続対象者なのですね。

遺言書の作成の仕方にも専門家に
お願いしたほうが良さそうということを
改めて認識いたしました。
ありがとうございました。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.