menu

相続の専門家を検索

完全一人身の場合遺言書は用意した方がいいでしょうか

らいんさん 相続税 2015年11月13日 埼玉県

兄弟姉妹が無く、また叔父叔母従兄弟などは遠距離に在住しています、普段の付き合いは1ヶ月に1回くらいのメールのやり取りだけです。叔父叔母はすでに80代半ばですし、従兄弟たちも普段は付き合いがありません。一応分譲のマンションなどの不動産はあるので、もし何かあった場合逆に相続税の問題などで迷惑をかけてしまうかもしれません。予め断りを入れて遺言書で相続人を決めておいたほうがいいでしょうか?

回答日:2015年11月13日

らいんさん初めまして。
まず、らいさんさんの叔父さん、叔母さん及び従兄弟の方は相続人ではありません。
したがって、叔父さん、叔母さん及び従兄弟の方のいずれかに、まいんさんが財産を残したいのであれば、遺贈(遺言による贈与)する必要があります。
遺贈をすることで、相続人以外の第三者(日頃から懇意にしていた方や身の回りの世話をしてくださった方等)に、死後において財産を承継させることができます。
遺贈は、受遺者(財産を譲り受けた者)は放棄することが可能ですので、予め断りを入れる必要はありませんが、気になるようでしたらその方に予め断りを入れても問題はないでしょう。
いずれにしても、まいんさんの心に決めた方がいらっしゃり、その方に財産を残したいのであれば、遺言書を作成する必要があります。
遺言書を作成する際には、専門家に依頼し遺言執行者もその方にお願いすると、ご安心して遺贈することができると考えます。

回答日:2015年11月13日

回答者: 匿名 行政書士

①相続人が全くいない場合は財産は国庫に帰属します。
②ご自身の今後の介護、亡くなられた後の供養等を総合的に判断されて、大事に築かれた財産ですので、有効に活用(遺言書を残す。)されたらどうでしょうか。
③遺言書に、・・・に遺贈する。の文言になると思います。全財産が3千万以下であれば遺贈された方は相続税の申告は不要です。(3千万を超えると超えた分に課税されます。)

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.