menu

相続の専門家を検索

遺言書と死因贈与契約書だったらどちらのほうが優先して効果があるのでしょうか?

sawachanさん 遺産相続の準備 2015年4月8日 千葉県

遺言書と死因贈与契約書だったらどちらのほうが優先して効果があるのでしょうか?遺言書ではAに譲ると書いて、死因贈与契約書ではBに譲ると書いてあったらどうなりますか?

回答日:2015年4月8日

回答者: 匿名

遺言による遺贈と死因贈与のどちらが優先されるのか、の判断は贈与者の最終意思を尊重することによります。つまり、遺言の日付と死因贈与の成立日のいずれか新しい方が優先されます。

ただし、負担付死因贈与の場合には注意が必要です。負担付死因贈与とは、贈与を受ける者が法律上の義務を負う契約(贈与者の身体的介護をする等)をいいます。

遺言が負担付贈与契約の後に作成された場合においても、受贈者Bが負担を既に実行していたときは、負担付死因贈与が優先されます。これは、受贈者の利益が犠牲になることを防ぐためです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.