menu

相続の専門家を検索

黙ってはんこを押しなさいと言われています

よし&ともママさん 相続トラブル 2015年11月19日 石川県

父母は70代後半、兄弟は兄と妹(私)の2人兄妹です。
兄も私も実家とは別に家を建てて実家には父母2人暮らしで、お互い家を建てるときに援助してもらっています。私は1000万(家を建てるための生前贈与の申告済み)、兄のほうは金額わかりません。
母からは家を建てるときに援助してるので相続の際には黙ってはんこを押すよう以前言われました、つまり相続放棄しなさいということです。
実家(家と土地)は兄の息子に譲ることに口約束でなっているようで、その部分は了承していますが貯金などがいくらか残った場合そちらはきちんと分与してほしいと思っているのですが、そのあたりの話をまだ父母が亡くなってもいないのに持ち出すのもどうかと思うし、かと言って亡くなってからもめるのもどうかと思います。
そのあたりの意思表示はしたほうがいいのでしょうか?

回答日:2015年11月20日

回答者: 匿名 行政書士

ご兄弟の微妙な関係、お母さまからの申送りの真意(特別受益の多寡)がわかりかねますので、一般的な回答として、投稿します。
①相続で揉めるようであれば、ご両親がしっかりしている間に、親子で話し合われることをお勧めします。
②そのうえで、ご両親に遺言書を遺してもらうことも、後々のトラブル防止になるかと思います。

回答日:2015年11月20日

回答有り難うございます。たしかにそうですね、両親の元気なうちに一度話をしてみようと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.