menu

相続の専門家を検索

【家督相続について】

h2458225iさん 遺産相続の準備 2015年11月24日 北海道

【家督相続について】
 旧民法では、戸主制度でした。
 この為、旧民法下の戸籍を閲覧しますと、
戸主があって、その次に、子、孫、妻、兄弟姉妹、兄弟妻、
甥姪なども一緒の籍にあります。
 現在は、筆頭者とその配偶者、子などです。
 そして、子が婚姻しますと、子の配偶者と新しい戸籍を作成します。

● 家督相続
 家督相続という考え方からしますと、
婿として家督相続させるか、婿養子として家督相続させるかは、
どのような点で異なるでしょうか?
 一般論としまして、養子縁組しますと、実子と同じ身分を取得します。
 だから、被相続人の娘の婿は、被相続人を相続できませんが、
婿養子の場合は、実子と同様に被相続人を相続します。
 遺言状という制度もありまして、それぞれ、どのように考えるべきでしょうか?

回答日:2015年11月24日

「家督相続」という制度は現民法にはありませんので、その論点で婿/婿養子とでの違いを比べることはできません。

単に事業の承継という点では、婿/婿養子の違いは通常の相続と同じとなります。

遺言は、遺言者の最後の意思表示ですので、制度の目的が異なります。

これらの事項は、事案ごとに大きく状況が違っていますので、一般論で論ずるには馴染みません。専門家に相談されることをお勧めします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.