menu

相続の専門家を検索

私の父は病気をして、利き手が使えません。このような場合、遺言を残すにはどのような方法がありますか?

cocoroさん 相続税 2015年4月15日 埼玉県

私の父は病気をして、利き手が使えません。このような場合、遺言を残すにはどのような方法がありますか?
遺言は本人が実際に書いたものしか認められない、と聞いたことがあります。
なお、父は会話は普通にすることはできます。

回答日:2015年4月15日

回答者: 匿名

手書きで作る遺言を「自筆証書遺言」と言いますが、
これに関しては本人が手書きで書いたものでしか認められないので
文字が書けない方は作ることができません。

ですが、
公証役場で作ってもらう公正証書遺言というものがあります。
これであれば作りたい内容を伝えれば公証役場側で作ってくれるため、
文字が書けない方でも作成することが可能です。
通常は最後に自筆での署名が必要となりますが、
手が使えない旨を説明すれば作ることができます。
公正証書遺言も行政書士などの専門家に間に入ってもらうと
スムーズに作ることができます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.