menu

相続の専門家を検索

代襲相続人として相続権の主張が可能な場合について

みちさん 2015年12月14日 東京都

数か月前に祖父が亡くなり、相次いでその子である父も亡くなりました。父の兄弟から祖父の遺産に関することはこちらですべて処理をするので父の実印を渡してほしいと言われています。こちらとしてはどうなるのかわからないのに実印を渡すのは怖いですし、きちんと話し合いの席につきたいと考えております。
私は代襲相続人というものにあたり、父にかわって相続権を主張することは可能なのでしょうか?

回答日:2015年12月14日

回答者: 匿名 司法書士,行政書士

お亡くなりになった順番が①祖父、②お父さまであれば、代襲相続では無く数次相続になります。

つまり祖父の財産をお父様が一旦相続し、その後、お父様が相続した祖父の財産をお父様の相続人であるみちさん達が相続した事になります。

この場合、他の相続人と遺産分割協議をするのは、亡くなっているお父様では無く、お父様の相続人であるみちさん達ですので、みちさんはご自身の立場で相続分を主張することが出来ます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.