menu

相続の専門家を検索

姉の娘だけが孫6人の中で生前贈与を受けていた!

yui.iさん 2016年1月15日 京都府

母が亡くなった際、姉の子どもだけが生前贈与を受けていたことがわかりました。金額的には相続財産の3分の1ほどです。孫は全員で6人いますが、「なぜあの子だけが?」という思いです。姉は長女で確かに介護を中心となってしていましたが、遺言書を作成した亡くなる数ヶ月前どころか亡くなるまでの約1年はほとんど話すこともできない状態でした。遺言書は有効と弁護士の先生に言われて落胆しています。3分の1を全て返還とはいいませんが、やり直しに近い形式を取ることはできないでしょうか?

回答日:2016年1月15日

ご回答いたします。

まず確認ですが、文中の「遺言書」をお作りになったのは、
亡くなられたお母様ということでよろしいでしょうか。

もしそうだとしますと、遺言書に法律上、無効となる理由がなければ、
遺言書そのものは有効ですので、
基本的には遺言書に従って相続することになります。

また、お姉様のお子様(=甥または姪)が、
亡くなられたお母様から生前贈与を受けていたとのことですが、
基本的に生前贈与と遺言書というのは別物なので、
生前贈与を取り戻すのは、基本的にはできません。

ただし、
・お姉様のお子様への生前贈与が、お母様の亡くなる前1年間になされた
または、
・お母様が、相続人であるご質問者様やお姉様の取り分を少なくする目的で、
 意図的にお姉様のお子様に生前贈与をした
 (この場合はお母様に、「遺留分を損害する認識があった」ことを、
 証明する必要がある)
のいずれかの場合には、
「遺留分減殺請求」という制度を適用できる可能性があります。

この制度を適用できるかどうか、また、どのくらいの額でできるのかは、
お客様ごとに慎重に検討する必要があります。
また、請求だけなら自力でも可能ですが、
裁判になることも多いので、
一度、専門家に相談されることをお勧めします。

参考になれば幸いです。

回答日:2016年2月11日

状況から、遺産の分割自体が合意できていないのかと推測されます。手続きとしては、遺産分割調停の申立をしてその中で相続人全員の協議をしていく、と言うことがいいのかと思います。協議の中で、生前贈与をどう扱うか、それを踏まえてどう遺産を分けるか、と言うことかと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「生前贈与」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「生前贈与」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.