menu

相続の専門家を検索

将来の相続に備えて

REDさん 2016年2月1日 岡山県

私(男)は弟と2人兄弟です。私も弟も結婚していますが、弟は結婚後に養子にいきました。現在は父母ともに健在ですが、仮に父にもしものことがあったと仮定した場合には母と私と弟の遺産の割合はどのようになりますか?また、もし財産よりも借金の方が多かった場合には相続を放棄した方が良いのですか?特にそのようなことは何もしなくても良いのですか。どのように立ちまわるのが最も良いか教えていただけませんか?

回答日:2016年2月1日

REDさん初めまして。
ご質問の1つめである、万一お父さんが亡くなった場合の法定相続分は、お母さんが4分の2、REDさんが4分の1、弟さんが4分の1です。
弟さんは養子にいっても、実親の相続権がなくなるわけではありません。
なお、お父さんが遺言を作成した場合、上記法定相続分とは異なった相続分にすることも可能です。
また、ご質問の2つめにある、相続財産がプラスの財産よりマイナスの財産が多い場合、いわゆる債務超過にあたる場合には、おっしゃるとおり相続放棄も考えなければなりません。
相続放棄は、お父さんが亡くなり相続が開始し、かつ自己が相続人であることを知った時から3ヶ月以内すなわち今回の場合はおそらくお父さんが亡くなったことを知った時から3ヶ月以内に、お父さんが亡くなる直前に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に、相続放棄申述申立書を提出して行います。
なお、相続放棄をするか否かをよく考えるため、上記期間を伸長することも可能です。
少々デリケートな話しにはなりますが、相続が開始した場合に備えて、お父さんに借金がないかどうか、お父さんが死後どのような相続を望むか、遺言を作成するか否か、エンディングノートの活用も含めて皆さんで話し合いをするのが宜しいのではないでしょうか。
まずは、お父さんが亡くなった後の相続を争続にしないためにも、日頃から話し合われることが先決であると考えます。
ご参考になれば幸いです。

回答日:2016年2月9日

満足のいくご回答ありがとうございました。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.