menu

相続の専門家を検索

相続放棄のやり方について

そうさん 2016年2月9日 東京都

私の父は、かなり弱ってきているのですが、相続に関して悩んでいることがあります。父の預金に関しては、そんなに多額でもありませんし、いろいろな書類を提出することの手間を考えると、何もせずに、放棄している状態にしておくのが良いのでは、と考えているのです。放棄する、とは正式には、裁判所に申し立てるのだと思いますが、実際、それをせずに放置しておくとかなり大きな問題になってしまいますか?

回答日:2016年2月10日

相続の放棄は、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に対して申立を行わないと、その相続について「単純承認」したとみなされます。
単純相続とは、プラスの財産もマイナスの財産も全て相続しますので、借金があった場合、その債務も合わせて相続するため返済義務が生じます。

借金がなく、預金も相続税が発生しない程度の額であるのであれば「放棄」ではなく「単純承認」でよいと考えます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続放棄」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続放棄」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.