menu

相続の専門家を検索

家族以外に遺言を残すが、トラブルを避けたい場合

ishiyama.aさん 2016年2月10日 東京都

遺言を書くときに、通常は家族の中でどのくらいの配分で残すか、ということを書く人が多いと思います。しかし、家政婦さんや、介護をしてくれた看護師さん、介護士さんなど、それを仕事にしている人に遺産を残すことも、可能だと思います。これは、遺族は納得できない場合も多いと思うのですが、家族以外の人に遺産を残したいと考える場合、どのくらいの金額または割合を残せば、家族(遺族)とトラブルにならないでしょうか?専門家のご意見をお願い致します。

回答日:2016年2月10日

ishiyama.aさん初めまして。
ishiyama.aさんのおっしゃるとおり、遺言で相続人以外の第三者に財産を承継させることは可能です。これを遺贈といいます(相続人を対象にする場合も遺贈といいますが)。
遺贈を行う場合、遺族の方の中には残念ながら納得できず、TVのニュースでもあるように、遺言が無効であると主張してくる場合も少なからずあります。
遺族とトラブルにならないようにするには、一般的には各相続人の遺留分に配慮する形で、遺留分相当額を残しておくことが、防止策の一つといえます。それとセットで、法的効力はないのですが、付言で相続人は自分の死後自己の相続で揉めないことを望む等、ご自身の意思を残してあげることで、かかる意思を尊重してもらうことが期待できます。
ご質問にあるような、家政婦さんや、介護してくれた看護師さん、介護士さんへ遺贈する場合は、お世話になった感謝の気持ちである以上、かかる遺贈の額はご自身でお決めになられるのが一番かと思います。
遺言を作成する際には、費用はかかりますが、専門家に相談した上、遺言執行者も専門家に指定しておくことで遺言執行の際のトラブルを防止できます。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺言書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.